スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」。

2009年07月23日 22:34

【公式サイト】http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/mainsite/

観終わってから1週間以上経過してしまって、今更ですが簡潔に感想を(苦笑)。

監督は前作「不死鳥の騎士団」に引き続いてデヴィッド・イェーツ。前作ではダークな雰囲気は良かったのだけど、鬱憤が溜まる展開と話の継ぎ接ぎ感でイライラさせられたので少々不安だったのですが、今回は結構話の繋ぎ方もスッキリとして『ハリー達3人組の恋の行方』と『最終決戦への準備』の二つを柱に話を進めていきます。ただ、前作と同じく話が盛り上がらねえ。トコトン盛り上がらねえ(汗)。
原作未読の私としては前作で仰々しく出て来た『不死鳥の騎士団』メンバーが『死喰い人』メンバーと十傑集vs九大天王みたく超人魔法大戦でも繰り広げるのかと思っていたのに(笑)。今回は騎士団メンバーは中盤にチョイと出るだけ、死喰い人メンバーもラストにハリー達の愛する学舎であるホグワーツに侵入して破壊しまくるのかと思ったら、ただ校舎(講堂)の窓を壊して回るだけと云う。どんな十五の夜だよ死喰い人さん。
因みにラスボスの闇の帝王・ヴォルデモートはダンブルドア校長に昔の恥ずかしい過去を曝されて、プチ引き籠もり中。(違
どちらかと云うと今回は今までダラダラと続けていた三人組の恋愛&友情的立ち位置をハッキリとさせて、後腐れ憂い無く最終決戦へ向かわせるような感じがしましたね。
まぁ、それぞれ守りたい人達が出来たので良かった良かった。
あと今回のタイトルでもある「謎のプリンス(劇中では半純血のプリンス)」の正体ですが、これは唐突過ぎやしませんかねー。まぁ、今まで何となく匂わせていたので私も序盤で気が付きましたが。原作ではその辺の経緯が描かれているらしいのですが、映画では次回に持ち越されるンですかネェ。

映像的には前述しましたが終始曇り空やモノトーン映像ばかりで、第1作の頃が嘘のような陰鬱っぷり。特にホグワーツ内部の映像なんかは昔は壁の絵画が動き出したりしてまるで引っ繰り返したオモチャ箱のようだったのに、今回は冷たい石壁や木造の建築物シーンばっかりで同じ場所とは思えませんでしたな。個人的にはあの賑やかさが好きだったのに。

配役的にはまず今回一番笑わせてくれたのはロン役のルパート・グリント。周囲がドンドン暗くなっていく中での一服の清涼剤と云うか。ハーマイオニーとの恋も本人は全然気が付かないまま、結局上手くいっているし。ギャルゲ主人公の無意識一級フラグ建築士かお前は(笑)。
ハーマイオニー役のエマ・ワトソンは優等生で少しキツい性格が今回は柔らかくなってまして、ヤケ気味に蜂蜜ビールを一気に飲んでヒゲが出来て恥ずかしがったり、ベッドで睡るロンの掌を握って「黙って」と言ったり、恋に途惑う普通の女の子になってナンともニヤニヤ。
ハリー役のダニエル・ラドクリフは言わずもがな。
で、主役3人組の他に忘れてはならないのがロンの妹であるジニー。第1作に出た頃は普通のそばかすの女の子だったのに、一気にヒロインに昇格。誰がここまで可愛くなると予想出来たろうか(汗)。ハーマイオニーみたいに表立って目立つような娘じゃないのですが、影ながら好きな男の子を支える良い娘だと思いますよ。正直、嫁にしたいタイプ。
敵側ではドラコ君の哀れなぐらいのヘタレっぷりは置いといて(苦笑)、べラトリックス役のヘレナ・ボナム=カーターがイイ感じのイカレっぷりを魅せてくれます。少し『壊れ』た感じの美女を演じさせると上手いですよね、この人は。
余談ですが現在の旦那さんがティム・バートン監督ってのは有名ですが、この人の血統ってかなりスゴいんですよね。曾々祖父は元イギリス首相のハーバート・ヘンリー・アスキス伯爵でイギリス上流階級のお嬢様だし。

まぁ、そんな感じで色々と書きましたが、映画全体の出来としては「不死鳥の騎士団」と並んで凡庸な出来かな、と。最後のクライマックスへ向けての助走時間みたいな感じで。正直長すぎて見ているコッチが体力切れ起こしそうですけど。
最後の「死の秘宝」2部作ではこれだけ待たされた分、ズッパリスッキリと気持ち良いクライマックスを見せて貰いたいと思います。

あー、全然簡潔な感想になってねえ(汗)。


●総合評価 55点
映画単体としての出来として。
しかし今まで9年間良く付き合ってきたよナァ、自分も。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/993-ba48c3b6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。