スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「16ブロック」。

2006年10月23日 13:52

【公式サイト】http://www.sonypictures.jp/movies/16blocks/

黒人の囚人と白人の刑事がある事件によって出会い、お互いに反目しながら最後には友情で結ばれる――と云うバディ・ムービー(相棒映画)の典型とも云える設定で、私自身「48時間」が大好きなヤツのでついつい観てしまいましたよ(笑)。
内容に関してはホンマにベタ。囚人はベラベラと良く喋る陽気な若い男で、刑事は全てに疲れ切って寡黙な男。この辺も「48時間」を踏襲しているというか。
でも、そんな陽気な男・エディも一人にトイレに篭って怖さに震え自分を奮い立たせようとしたり、寡黙で疲れ切った男・ジャックも昔の鋭さを思い出させるようなキレた判断を見せる。ソコんトコが実にさり気なく魅せていて格好いい。
だけどその二人を追う同僚のフランク刑事は更に格好いいンですが(笑)。20年も付き合っていた相棒を殺さないといけない辛さと、そうしないと自分の仲間達が危ない、と云う板挟みの苦悩が滲み出ているし。そしてそんな中で二人が決めたそれぞれの決断。――まぁ、予想通りの結末なのですが思ったより静かで、後になってジンワリと効くようなそんな終わり方。女子供には分からない男の世界っつーか。
ブルース・ウィリスの人生に疲れた中年男っぷりも実に良し。ズボンからはみ出るデップリと太ったお腹とか体力不足で汗かきまくるトコとか。いや、歳取ってくると解るンですよ、そーゆートコ(苦笑)。
あと、この映画ハンディカメラでの映像が後半に多用されてまして、やはりと云うかまたかと云うか画面に酔ってしまいましたよ。ラストの余韻に浸りたいのに脂汗だーらだら。いい加減、何本も観ているので耐性ついてきて欲しいンですけどねぇ。
総合的に観てまぁまぁの佳作なのですが、全体的に地味な感じなのであまり万人にはオススメできないかも。半年後のレンタルでも良いかな(苦笑)。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/64-88abb2ee
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。