スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲット スマート」。

2008年10月15日 01:16


【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/getsmart/

観終わったら誰かにタックルしたくなる映画です(ぇ

……ソレはまぁ冗談として(苦笑)、観る前はひたすらバカ主人公が周囲に迷惑かけながらドタバタ&下ネタとかを連発する話かと思っていたのですが、観てみると意外にも主人公はマトモだし、下ネタも少な目で古き良きアメリカン・コメディなノリで個人的にはかなりのヒットで御座いました。

まず、主人公でスティーブン・カレル演じるマクスウェル・スマートがタダのバカなウザいキャラじゃないのが良い。極秘諜報機関“コントロール”で40カ国語を操る非常に優秀な分析官――なのですが、天才とナントカは紙一重と申しますか、天才故に大事な部分がヌケていると申しますか、そんな愛すべき不器用なバカ。本人はクソ真面目なんでしょうけど、ソレが更に笑いを誘うと云うか。
因みに一番笑ったのはモスクワでのトイレシーン。アレも訓練のタマモノって言うのか?(←誰が上手いコト言えと)
そんなスマートを支えるアン・ハサウェイ演じる優秀なエージェント99とアラン・アーキン演じる古風な人間だが理解あるチーフもスマートのおマヌケっぷりを引き立ててくれます。しかしアラン・アーキンは兎も角、アン・ハサウェイは少しコメディ演技がヘタっぽいような。まぁ美人で画面が華やかにはなるンですがね。
そしてエージェント23ことドウェイン・ジョンソンはやはり何を演じてもザ・ロック様でした。もしくはスコーピオン・キング。多分、私が今まで観た映画の中で一番事務職が似合わないスパイだわ(笑)。
で。そんな風に色々と豪華なキャストの中で一番驚いたのがエージェント13を演じていたビル・マーレイだったり。出演時間僅かに数分。しかも変装(?)していて一見誰だか分かんなかったし。コメディ映画ってこーゆー大手俳優をチョイ役で使ったりするから侮れねえ。

原作TVドラマ「それ行けスマート」との対比については流石に私もそれほど良く知らないので、どれだけ元ネタとのリンクがあったのか分かりませんでしたネェ。OP映像&音楽がTV版オマージュってトコと博物館に展示してある車や小道具がTV版時のモノってトコぐらいですかね。あと防音装置もTV版が元ネタだったような?

因みにTV版1stシーズンのOP映像はコレ↓


まぁ、そんな元ネタを知らなくても十分笑える内容なので、安心して観に行ける良質のコメディ映画ではないかと。スティーブン・カレルのギャグって結構日本人ウケしそうですし。今後はもっと彼のコメディ映画が観れるとイイなぁ。


●総合評価 75点
大声で笑うっつーよりは小声でクスクス笑うような映画なので「思いっきり笑いたい!」って人には残念な出来かも。個人的には敵組織「カオス(ケイオス)」にもっとバカバカしい作戦をやって欲しかったかも。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/617-314fb298
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。