スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/7物欲残滓。

2008年05月07日 23:45

連休中に頼んでいたブツ第1弾がAmazonより到着。

炎の匂いしみついて、

Def Leppard「Songs from the Sparkle Lounge」(輸入盤) 1,429円
野村美月「“文学少女”と神に臨む作家」上巻 630円
福井晴敏「機動戦士ガンダムUC 4巻 パラオ攻略戦」 672円
(以上AAリンク)

Def Leppardは日本盤って選択肢もあったのですが(※普通は訳詞とかを知りたいので国内盤主体)、値段が1000円近くも違った&日本盤ボーナス・トラック収録曲が大したコトが無いので輸入盤にする事に。つか申し込んだ翌日に500円値上がりしたのにチト驚いたり。通貨レートの影響か?
アルバム本体については6年ぶりのオリジナル・アルバムで少し期待していたのですが、初期の頃に戻ったようなメロディラインですなー。ギターとドラムがガスガス聴こえてきて。無論Def Leppardお得意のコーラスは健在。前作「X」が色々と模索してイジり過ぎた感じがしたんですが。今回はストレートでかなり聴きやすい&リピートしたくなる出来。しかしトータル時間47分って短さは正直物足りない。

「文学少女」と「ガンダムUC」はCDのついでって感じで。個人的に「ガンダムUC」はナンのカンの云っても面白いと思うのよ。ガノタのツボを外していないし。「文学少女」の方は今回が最終章の上巻ってコトで一気読みが好きな私としてはしばらく積本山に上乗せへ。はっはっはっ(汗)。

そして今回の合計金額は2,601円也ー。

【2008年散財合計額】
・5月 13,170円。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/422-e10e0ead
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。