スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「紀元前1万年」。

2008年05月01日 21:00


【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/10000bc/

つーコトで今年GWのバカ映画双璧の1つ「紀元前1万年」を観てきまして(双璧のもう1つはニコラス・ケイジ主演「NEXT」)。
いやーエメリッヒ的でエメリッヒ風で例えるならエメリッヒで、実にエメリッヒな映画でした。
いや、そうとしか言えねえモン(笑)。

原始人達のマンモス狩りシーンとかはマァ良いとして、雪山を歩いていていきなり熱帯雨林のジャングルに突入したり、ピラミッド作るのにマンモス使っていたり、山岳民族が白人で砂漠民族が黒人なトコとか、もうツッコミどころ満載。私は今までのエメリッヒなトンデモ映画(「インディペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」等)に慣れていたので終始ニヤニヤして観ておりましたが。

物語は相変わらずの「民族団結して悪の帝国を倒そうぜッ」とゆーハリウッド的単純明快なノリ。たまーに観たくなるンですよねこーゆーの。素朴で美味い和食洋食ばかりで食べ飽きて、無性に身体に悪い成分満載のジャンクフードを貪り食いたくなる感じといいますか。
ただ、今回の映画で残念なのは『ジャンル名:エメリッヒ映画』なのにトンデモSFX成分が弱めってトコですかね。予告編で出てくる格好いいサーベルタイガーは中盤チョイ役だったし、色々なモンスターが出てきてトドメに恐竜か宇宙人か超能力者とか出してくるのかと身構えていたのに、ラスボスは普通の人間で終わっちゃうし。ピクルが出てきても驚かなかったぞ多分。
どうせならトコトン突き抜けた方がイイと思うのよエメリッヒには。だって資料集めるのにGoogle使ったぐらいだしなッ。
ナンて適当な。でもそんなトコがエメリッヒ。
で。結局この映画で監督が伝えたいコトは、

「お前らっ、肉ばかり食べずに野菜も食えよッッ!!」

ってコトですよね、分かります!!(ぉ
いや、観に行った人の5割はそう感じるのではないかと。


●総合評価 40点
無駄なまでのCGとエメリッヒ監督お得意の建造物大破壊を楽しむ映画。
物語なんて期待してはイケマセン(笑)。
でも、子供やスイーツ(笑)な人にはウケが良いかもね。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/414-eb83cc86
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。