スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」。

2008年04月08日 00:11

【公式サイト】http://www.04-05.jp/

過去数十回、手ブレの酷い映像を観て「吐きそう」になった映画は数あれど、上映中に「吐いた」映画は初めでデス(涙眼)。

いや、そんな映像満載で『乗り物酔いする人は注意してください』って警告は知っていたンですよ。実際上映30分前まで観に行くかどうか躊躇いまくったし(苦笑)。でも、ナカナカ面白そうだし、いい加減この体質を改善したかったし。清水の舞台から飛び降りる覚悟で観に行きましたよ。

開始30分で観るンじゃなかったと 大 後 悔 。

取り敢えず酔わないように一番後ろの座席を確保していたし、10分スクリーンを観たら数秒視線を外すようにしてなるべく酔わないように注意していたのですが見事に酔いまくり(汗)。でも内容とか構成が実に巧みで面白いのだからタチ悪すぎと云いますか。

正直、予算掛けまくりの超大作を期待していた人なら「えー、こんなモノなの?」と思うかも知れませんが、B級映画好きでこの映画の映像の無駄なまでのお金の掛け方を判別出来る眼の持ち主ならかなり興味深い作品ではないかと思います。
物語については低予算映画では昔から良くあったハンディカメラを使った一人称視点の映像作品で、内容も制作者のJ・J・エイブラムスが『ゴジラ(初期)』をモチーフにしたと云う通り、ありがちな古典的怪獣パニック映画。ソレに在り来たりのハリウッド恋愛要素チョイ加え、みたいな。

でも、そんな作品の中に無駄な迄に映像的コダワリを出している。ソレがスゴイ。
特に顕著なのがパンフレットを読むと解るのですが、この映画の終始手ブレの映像ですが、本当にハンディカメラを使ったのではなくキチンとした最新映像カメラで撮影&合成して、その後CGで手ブレを『合成』したとゆーコダワリっぷり(笑)。最近のCG主流なSFXでどうすればもっと『リアル』さが出せるか考えた末での撮影方法だったらしいですけど、確かにコレならCG合成でもリアリティは増しますな。冒頭の大爆発から自由の女神の頭部が眼前の道路に落下してくるシーンなんかはかなりリアルで度胆を抜かれましたし。
登場する俳優達も有名ドコロを使わずに、ドコでもいそうな米国の若者達っぽいトコロも良し。演技はひたすら「シット!!」とか「オーマイガー!!」とか絶叫しまくりでお世辞にも上手いとは言えませんが、その素人っぽさが逆に映像と相俟ってリアルさをイイ方向に引っ張っています。
あとビデオカメラを使っていたらありえそうな「ある映像」がラストを妙に物悲しいモノにしてくれます。あの終わり方はマジ切ねえ。

ただ、賞めてばかりいますが、これは『映画』と云うよりは『映像アトラクション』として観るべきなのだろうな、と思いましたね。物語の設定とか登場人物の境遇とかを観ながら考たりせずに、ひたすら出てくる映像や魅せ方を楽しむっぽい感じで。

……まぁ、そんな風に観終わって1日経過して、今はこんな風に落ち着いて感想書いていますが、観ている最中と直後はかなりヒドイ状態で御座いましたよ、私(笑)。
もう本編半分過ぎた辺りでイヤな汗が出まくって、でもラスト直前になって少し落ち着いて「あ、大丈夫かな?」と思った直前にラストの怪物(クローバーフィールド?)のドアップ登場シーンで胃が突然蠕動して、酸っぱい胃酸が口一杯に。ゴボッと。さながら頬袋にエサ一杯詰めた齧歯類状態。
危うくそのまま座席にぶち撒けそうでしたけど、最後の気力を振り絞って飲み戻しました。ええ、もうそりゃゴックン、と。その後すぐにペットボトルのお茶で口を軽くゆすいで大惨事は免れましたけど。
いやー、アレほどヤバい状況は「ブレアウィッチ・プロジェクト」以来だわ(汗)。
ナニはともあれ。この映画、マジで乗り物酔いする人にはオススメ出来ません。
あと食事直後の人とかも。こんな映像に耐性無いとかなりキツいと思うので。


●総合評価 75点
映画としては在り来たり。最後の怪物のデザインとかも含めて。
でもこの映画の映像スタイルやプロモーション(ネットとか)などについてはナカナカ面白い試みでは無かったかと。トコトン無駄なまでに趣味にお金を費やしたB級映画スキーな方へ。
それからこの映画、映像スタイルの為か最初から最後までBGMとかはありませんが、エンドロールに流れる音楽がまるで伊福部音楽っぽい曲に思わず感動。スタッフはホンマ分かっているなー。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/382-4c058825
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。