スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更「モノノ怪」にハマる。

2007年10月09日 01:51

切っ掛けはニコ動画で観たこの動画でして。


映像の美しさとかに妙に惹かれるモノがあって「あー、そーいや録画したままレコーダーに放置したままだった」と気が付き、連休の合間に最終話直前(※福岡の最終話放送は今週なので)まで観たのですが、いやーナンでこんな面白くって俺好みの作品を見逃していたのかと大後悔。
映像センスは勿論、話の引き込み方(退魔をするにはその『形』と『真(まこと)』と『理(ことわり)』を見付けなければならないと云う「縛り」の設定とか)がホンマに格好いい。古くさいって言われればそれまでだけど、こーゆー古いお約束っぽさが妙に新鮮に感じるンですよねー。
で、その勢いで前日譚にあたる「怪 Ayakashi 『化猫』」のDVDも近所のTSUTAYAで借りて観てみたのですが、ラストの怒濤の真相解明のトコロでマジ泣きしそうでしたよ。ホンマよくこんなの当時放送出来たなー、なんて(汗)。でもこのお話は色々な意味で多くの人に観て貰いたい作品かも。
怪~ayakashi~化猫 怪~ayakashi~化猫
櫻井孝宏、ゆかな 他 (2006/07/07)
アスミック
この商品の詳細を見る

全部観終わって、どの物語も甲乙付けがたいのですが、敢えてランク付けするなら感動系なら「座敷童子」、怖い系なら「鵺」、笑える方面では「海坊主」(若本的に・笑)、総合的には「化猫(『怪』の方)」ってトコでしょうか。
最近巷で大量劣化生産されている萌え系とかに食傷気味で今のアニメ界隈に絶望している人には是非観て貰いたい傑作かも。個人的には、コレを観て「アニメっては未だ捨てたモンじゃないな」と安心しましたし。
取り敢えず今月からリリースされるDVDはしっかり買う予定。
モノノ怪 壱之巻 「座敷童子」 モノノ怪 壱之巻 「座敷童子」
櫻井孝宏.田中理恵.藤田淑子.塩屋浩三.竹本英史.日比愛子 (2007/10/26)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


……しかし、最近の私の趣味とかって世間からすっげえズレているような気がするんですが、コレが歳を喰ったってコトなのか(汗)。

「GEAR-Z」さんにて新刊P3美鶴先輩な表紙絵。
ケシカラン迄のむっちりっぷり。10/20に出るのでしっかりと確保せね、とメモメモ。

「ROUTE1」にてベタ甘アイマス真漫画。(ずっとずっと真のターン 10/8)
なにこの殺人的な可愛さ。あとPの朴念仁さに殺意が(ぉ
あと、川本真琴って最早ジェネーションギャップネタなのか(汗)。

「Leaf-Garden」さんにて慧音&妹紅絵。(10/7)
慧音は兎も角、妹紅たんの大人っぽさぷりに軽く眩暈が。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/218-314c87cf
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。