スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オーシャンズ13」。

2007年08月14日 12:15

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/

前作の「12」が余りにアレすぎたので(苦笑)正直あんまし期待してませんでしたが、予想外に面白かったですわ。3作品をランク付けするなら「13」>「11」>「12」って感じで。
「12」では物語がアッチへフラフラ、コッチへフラフラとなってオチも力任せっつーか反則に近い内容でしたけど、今回は単純明快一本道で骨太な物語にしたのが大正解。
冒頭の20分ぐらいで状況説明をして、敵キャラのホテル王・バンクが登場して、オーシャン(ジョージ・クルーニー)達が集結して、以後はひたすら色々と相手をハメる為のコンゲームを軽妙なジョークを交えた会話で見せていくのがスッゴク楽しいと申しますか。コンゲームについても手に汗を握る緊張感と云うよりは、子供時代の手の込んだ悪戯を準備するような高揚感みたいな雰囲気で進んでいくし。なんつーかユルイ。とことんユルイ。でもキライじゃないけどな(苦笑)。

個人的に笑ったシーンはライアン(ブラッド・ピット)が部屋にやって来たら、オーシャンがテレビ番組を観て涙眼になっていて「唐辛子を噛んだ」って誤魔化すトコですかね。その後二人でまたテレビ観て泣きそうな顔になっているし。なんつーか、萌え。(何

そんな笑いの中にも仲間であり、師でもあったルーベンにどれだけ救われたかの思い出を語ったり、どんな事があっても仲間を見捨てない昔気質な浪花節を魅せられたりして、ラストシーンはナンとも気持ち良い気分になれました。日々目まぐるしく変わっていくラスベガスの街並。でも決して男の『誇り』と『友情』は変わらないと云いますか。


●総合評価 80点。
豪華なキャストで眺めるだけでも楽しいですが、古き良きハリウッド系犯罪映画みたいな爽快感もナカナカ無視できない楽しさだと思います。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/204-7f16911a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。