スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」。

2007年05月29日 01:37

【公式サイト】http://www.disney.co.jp/pirates/

個人的に「世界同時公開!」って煽り文句の映画では微妙なのが多すぎるのですが、今回も見事にそれが的中(涙)。

いや、正直3時間近くの上映時間中は楽しめましたが、あまりの場面とかお話のツギハギっぷりにかなり脳内補完が必要でしたわ。途中からは物語のアラは目を瞑って、遊園地のアトラクションを楽しむ感覚になってしまいましたし。

まず登場人物達が敵味方入れ替わり過ぎ、つーか裏切り過ぎ。
「海賊なんだからー」と云われればそれまでだけど、ホイホイ簡単に裏切りまくっているのでソイツらが死んでも、悩む顔を見せても全然説得力無いし。
あとは物語の鍵でもある海の女神『カリプソ』の扱いが酷すぎ。
海賊達の切り札だから、かなりスゴイ『力』を出すかと思えば、思いっ切り拍子抜けする顛末に。しかも彼女の悲恋の行方も補完されていないし。
トドメは世界に散らばる9人の大海賊連合vs東インド貿易会社の大艦隊戦が始まるのかと思ったら、結局は1隻vs1隻のガチンコ勝負だけだし(大艦隊は後ろで見てるだけ・笑)。
なんつーか全体的に自分が観ていて「おお、次はこうなるぞー」と期待していたモノとは違ったモノばかり出されて思いっ切りズッ転けた感じですね。

無論、面白いトコも沢山ありましたけど。
特にジョニー・デップのスパロウ船長は前作より更にバカ度が増していて、ひたすら笑わせて貰いました。特に一人芝居のトコとか。そして第1作では敵として、そして今回は味方として登場したキャプテン・バルボッサは美味しいトコを全部カッさらっているといいますか。やっぱ海賊船長はそれなりに年取った渋さがないとなぁ、なんて。
そして最後に主人公だとすら忘れていたオーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーはラストでは主人公として大活躍します。つかクライマックスまでは全然イイトコないンだけど(苦笑)。ラストの哀しいけど希望のあるラストも良し。

今はこの映画を観て「面白い!」と云う人は多いかもしれませんが、数年後には「……なんで、こんな映画が面白かったんだろう?」と首を傾げるコトになる人も多いかと。例を挙げるなら「アル○ゲドン」とか「タイタ×ック」とか(笑)。そんな映画だと思いますコレは。だから、今話題のウチに観ておくのが良いかも。

●総合評価 70点
映像もお金掛かりまくってますし損はしないと思うので。流石に2回観たいとは思わないけど。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/173-4af04063
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。