スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年。

2012年01月02日 10:24

大晦日の報告更新で少し心がスッキリしたのか1日の御挨拶(更新)を忘れてしまいました。何て安いヤツなんだ自分(苦笑)。
と、云うワケで、



新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変ご迷惑とお世話になりました。
本年も私・西山英志と「怒涛のくるくるシアター。」を何卒よろしくお願い致します。



しかしネェ。
現在、実家に帰っているのですが、家族や親族が私を気遣っている雰囲気がダダ漏れ状態で微妙に居づらい状況だったりします。
カワイソ視線のレイザービームで郷ひろみが腰振って踊り出しますよ。56歳とは思えない俊敏さで。ついでに私も今年で40歳になりますよ。コッチは腰痛持ちですが。

昔だったら地元の友人と映画やカラオケとかに誘ったりするのですが(初詣はカップルが多く限りなくデンジャーゾーンなので除外)、ほとんどが既婚者で家族持ちと云う状態ですし。今年はそんな友人達の姿を見てしまうと黒い瘴気を噴き出してバーサーカー(中身:湖の騎士)みたく暴れ出す自信がありますし。つかどちらかとゆーとマスターの間桐雁夜おぢさんの方が合っているかも知れん自分。ちょうどイイ具合に軽い顔面神経麻痺ですし(因みに現在は快復しつつあるので御心配なく)。可愛い幼女・桜ちゃんはいませんが。

話を繋げて。
そう云えば「Fate/Zero」は私も観ていたのですが、何でしょうかアレは。
いや、あのすっげぇイイ所での終わり方もそうなのですが、アイリさん(ムッツリ正義バカの妻)や葵さん(優雅なウッカリさんの妻)のコトなのですよ。
何ですか。何なんですか。あんな人妻いるワケないじゃないですか。
いや、二次元だけの存在だけだと分かってはいるのですよ? しかし彼女達が出る度に腹の中を掻き毟りたくなるほど苦しくなるのは何故なのでしょう。
――こんな妻だったら、と云う仮定系の妄想が脳内を駆け巡り、可愛い子供が出来て、二人でゆっくり歳を取り、最後にはこんな妻に優しく看取られて死んでいく――そんな妄想から小一時間戻ってきて、残酷な現実を目前に確認した瞬間、憤怒と絶望感がドーパミンとして溢れ出して――、





ナンと云うか最近ちょっぴり気持よくなっているのですが、もう私は手遅れなのでしょうか?
(A.確実に手遅れです)


とまぁ、そんな感じで私も愉快な新年を迎えております。
皆様も良い新年をお迎え下さいませ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/1492-7efed817
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。