スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エクスペンダブルズ」。

2010年11月18日 23:00

【公式サイト】http://www.expendables.jp/

80~90年代のマッスルアクション映画に毒されたボンクラ世代である私にとって大期待していた映画だったのですが、観終わってみると何か今一つ二つ物足りないまま終わってしまった映画だったり。

何が足りなかったのか色々と考えたり他の方の感想を参照して列挙してみると。
まずムダなまでに筋肉を見せ付けるシーンが少ない。流石に60歳越えたスタローンとかは無理でしょうけど(ステロイドの影響で浮き出まくった血管とか見るとネェ・汗)、ジェイソン・ステイサムはつい最近の「トランスポーター3」でもストリップショー見せたぐらいなので、思いっ切り脱いで見せても良かったと思うのですが(苦笑)。他の隊員もそれなりにイイ身体しているし。元NFLのテリー・クルーズや元レスリングのランディ・クゥートゥアとか。
まぁ、早い話が汗でギラギラした男クセエ筋肉を観たかったンだよッ、俺はッ!!とゆー結論に(ぉ
そして、ナンというか80~90年代のマッスルアクション映画お約束のムダなまでにカッコイイ戦闘準備シーンや笑っちゃうぐらいの無敵戦闘シーン(仁王立ち銃乱射とか)が無かったのもナァ。機能的で簡易な装備とキビキビと動くリアルさ重視の最近のアクション映画にはそぐわないのかも知れませんが、やっぱり入れて欲しかったり。
ま、そんな中でもナイフや銃にこだわった戦闘シーンは良かったですけど。特に後半で出て来たAA-12フルオート・ショットガンの破壊力は正に外道。12ゲージの散弾を連発する地獄絵図は思わず笑ってしまうレベル。あとスタローンが愛用している旧式リボルバー(コルト・シングルアクション・アーミー?)が、スタローン自身の身体が大きすぎて玩具の銀玉鉄砲みたいに見えてしまうのはご愛敬と云うか(笑)。やはり巨漢には巨漢向けの武器が画面映えするわ。
そして残念な点のトドメが長渕剛が歌う日本版ED曲。
ないわー。アレはないわー。

そんな感じで色々と不満点をタラタラと書いておりますが、最初の期待値が高かっただけで、根底に流れる80~90年代のアクション映画魂はビシビシと伝わる出来なので劇場に観に行っても損はしない出来かと。
個人的にはミッキー・ロークが語る戦う事を止めた過去話のシーンが印象深くて好き。小汚ねぇオヤジになってから本当に演技に味が出たよナァ、ミッキー・ロークは。


●総合評価 60点
続編も作れそうな終わり方ですが、もし次回作があるのならドルフ・ラングレンにもっと見せ場を入れて貰いたく。今回はジャンキーで手強いライバルキャラにもなれなくて、結局イイトコ無しだったので。好きな俳優なのに。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/1442-0d9537eb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。