スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2012」。

2009年11月21日 10:47

【公式サイト】http://www.sonypictures.jp/movies/2012/

1年に1回ぐらいは脳みそ空っぽにして観たくなるエメリッヒ映画(※もはや自分内ではカテゴリ済)の最新作。実に期待した通りの大規模破壊に安っぽい感動シーンをスパイスにした大味な面白さで御座いました。

最新CG映像で人がゴミのように死んでいく様は怖いとか悲しいとかを通り越して笑い出してしまうレベル。もっと崩れていく建物や街通りや都市をじっくりと映したら死んでいく人達の悲鳴や怒号とかで恐怖感も煽れるのにと思うのですが、ソコは我らのエメリッヒ「そンなのはどうでもイイッ、色々な破壊シーンを入れたいンだヨオォォーッ!!」と叫んだのかどうかは知りませンが様々なシチュエーションでの破壊シーンを休む間もなく魅せてくれます。個人的にオススメは序盤のカルフォルニア壊滅シーンとイエローストーン噴火シーンでしょうか。前者はビルとか高速道路が崩れて豆粒のような人間が次々と落下したり潰されたりして是非とも高画質ブルーレイで一時停止して確認したいぐらいに良く出来た映像でしたし、イエローストーン噴火は核爆発したンじゃないかと思うぐらいの大規模火球が観れるし。
コレらのシーンだけで料金分のモトは取れたなって感じです。

物語的には相変わらずのトンデモ科学根拠を軸にして進みますので、その辺のツッコミについてはスルーするとして、今作で気になった点は主人公一家がひたすら迷惑極まりない存在になっているトコでしょうか。そりゃまぁ家族を守る為に必死に奮闘する姿は正しいとは思いますが、その主人公達が引き起こした行為によって他の人間達を危険に曝すコトになってしまう辺りがネェ(汗)。正直、全員に袋叩きにあっても文句云えないレベルだぞ、ありゃ。
「助かるのは財力や権力ある人間で、死ぬのは貧乏な人間だなんて間違っている」なんて叫ぶだけの最近湧いている義務も責任も果たさない底辺人間様(笑)なら共感出来るかもしれませンが、私はその人が持っている財力や権力もその人が血を吐く努力して手に入れたのならそれは正当なモノだと思っているので。
あと、エメリッヒ映画ではお約束の感動演説シーンが今ひとつだったトコも残念な点ですな。予告編で見せていた「助け合う心を無くしたら、我々は人間性を失う!」ってシーンも実際の本編ではそれほどインパクトが無かったし。やっぱ「ID4」の大統領演説の(無駄とも思えるぐらいの)感動シーンは望めないのですかねー(笑)。
否定的な話ばかりなので良かった点も少し。エメリッヒ映画ではパターン化している「序盤はスゴイけど、終盤は尻すぼみ」が解消されてたのは、監督が多少は進化したってコトなのですかね(苦笑)。個人的にはラストの方舟シーンはもうチョット観てみたかったなとも思えたり。

大規模破壊シーンで日頃の鬱憤や憂鬱をフッ飛ばしたい人には最適な映画で御座いますので、出来るだけ大きなスクリーンと良い音響設備の映画館で観るコトをオススメします。


●総合評価 70点
物語だけだったら40点レベルって基準で。しかし過去作も含めてエメリッヒ監督は今作で歴代監督中スクリーンで一番人類殺しまくった監督になったンじゃね? と思ったり。もう次回作は太陽系か銀河系を破壊するしかないな!!(何
それから忘れていましたがオネショ幼女(;´Д`)ハァハァ(ぉ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/1146-8201a545
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。