スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」。

2009年11月01日 05:00

【公式サイト】http://www.thisisit-movie.jp/

観終わって感じた事は「ああ、もうこんな希有な才能を見る事は出来ないのか」と云う口惜しい想い。

色々なゴシップや数々のスキャンダルなどで話題にされていたマイケル・ジャクソンですが、この映画での映像を観る限りナンと謙虚で、ナンと仲間達(スタッフ)を愛し、ナンと才能の溢れる人だったのかと思う事頻り。
観に行く前はリハーサル映像と夭折したマイケルに対し残されたスタッフ達のインタビューなどを加えた追悼映画かと思ったのですが、観てみると全然違っていて、リハーサル映像の合間に入れられるのは当時の希望に溢れたスタッフ達の笑顔と成功させようとする意気込みの言葉。この数日後に起こった悲劇を予想すら出来てない彼らの顔を見る度にナンとも寂しい気持ちになったり。

そしてリハーサル映像についてですが、普通のフィルムで撮影した映像や画素の粗いハンディカメラでの映像などを継ぎ接ぎしておりお世辞にも良い画質とは云えません。でも、そんな映像だからこその臨場感もある。PVやライブ映像などで観れなかったマイケルの音楽やダンスへの拘りがビリビリと伝わってきます。ただ、残念な点はリハーサルである為にダンスや歌声が『本気』では無いトコロ。合間での動きが省略されたり(「Smooth Criminal」の45度傾斜とか)、歌声が省略されたりとか(一部CDの音声が入っていた?)。それでも50歳と思えない動きのキレとか声量には驚くのですが(汗)。

作品の構成としては多少退屈な作り。と云うか大急ぎで作ったような杜撰さが見えたりする部分もあったりしましたね。因みに私が観た映画館では中盤で寝てしまっている人もいましたが(苦笑)。
選曲は有名な曲は殆ど網羅しているっぽく。あとジャクソン5時代の曲もやってくれたのは嬉しかったり。しかしながら終盤に流れる「Man In The Mirror」はインタビュー映像とかを混ぜずにしっとりと聴かせて貰いたかったナァ。個人的には一番好きな曲なだけに。



ファン向けな映画ではありますが、少しでもマイケル・ジャクソンの曲を知っていて彼について誤解をしている人にも観て貰いたい映画ではあります。


●総合評価 50点
DVDでも良いかな、とは思いますが大画面で彼の姿を見るコトは今後無いかも知れないので、少しでも興味が出たら観に行っても良いかも。『映画』ではなく彼の『記録』として。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/1119-39e7cd87
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。