スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/1日々雑記。

2009年08月01日 15:49

入場者プレのポストカード。

つーコトで「サマーウォーズ」を朝一で観てきましたよ。ンでもって泣きましたよ、泣かされましたよ、エエもう見事なまでに。

「時をかける少女」が(個人的に)素晴らしい夏の青春映画でしたが、今回の「サマーウォーズ」は(個人的に)素晴らしい夏の家族映画でした。コレがなんつーかキャラの動きや背景描写や心の琴線に触れすぎる。
私自身、両親が五人兄弟の末っ子同士で夏になると大人数の家族が集まって食事をしたり大騒ぎしていたのですが、そんな懐かしい子供時代を想い出してしまってソレだけで泣きたくなったり。襖を外した風通しの良い二十畳ぐらいの大広間に大きなテーブルをドンッと置いて、一緒にご飯を食べることなんて最近の核家族が多い子供はやったコトないのかもしれませんが、アレってもの凄く楽しいンですよね。
そんな中で脈々と受け継がれている『家族』と云う生身の絆(ネットワーク)。たかだか数十年しか発達していない今の電子のネット世界とは違う『重み』を感じさせてくれます。無論、ネット世界を否定しているワケでもなく、昔からの『家族』をはじめとする「人の繋がり」と、伝達の早さや日々膨大に膨れあがる情報量では勝てるモノはない「ネット世界の繋がり」。この二つが手を結んだ瞬間に現れる『力』はどんなモノにも負ける事はないンだと震えさせて感動させてくれます。
ラストの○○勝負は某冲方小説を思い出してしまったり(苦笑)。もしくは某セガの大正時代ギャルゲーとか。(ぉ

あと、デジモンの「ぼくらのウォーゲーム」と比べる人が多いみたいですけど、確かにネットワークの事件や人との繋がりについては「ウォーゲーム」の焼き直しかも知れませんが、「サマーウォーズ」はその上で昔からあった『家族』のあり方がテーマになっているのではないのかなー、と思うのですよ。まぁ、私は「ぼくらのウォーゲーム」は観ていないのでナンとも言えませんが(汗)。

現在、色々と今頭の中で感想を纏めていますが、チャンと書くのは明日の夜あたりにしようかと。ネタバレを書いてこの映画の面白さを半減させるワケにはいかないので。取り敢えず、少しでも興味が湧いた方は是非とも観て貰いたく。
丁度本日は1000円デーだし。私も時間が取れたらもう一回観に行く予定。

しかし「ヱヴァ:破」といい、ホンマに今年はアニメ映画の大当たり年ですな。

【関連リンク】
【映画】「アニメはオタクの見るもの」そうした人にこそ見てほしい"ポストジブリ"細田守監督『サマーウォーズ』 (芸スポまとめblog)
8/19発売「サマーウォーズ」主題歌「僕らの夏の夢」(AA)。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zenrasinsi.blog55.fc2.com/tb.php/1007-3fd08831
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。