スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/29電画観測。

2010年08月29日 21:24

《ストライクウィッチーズ》

「real」さんにて第7話トゥルーデ。ヒリヒリするの。(8/28)
軟膏持ってこいーッッ!!(ぉ

《アイドルマスター》

「あらもーど」さんにてアイマス2真美。可愛すぎて以下略。(8/29)

「ぬころぐ」さんにて菊地真誕生日絵。浴衣と花火と。(BLOG 8/29)
そういえば今年は一度も花火観に行ってない(汗

「なうしの」さんにて菊地真誕生日絵。(TOP 8/29)

「K+Y=K」さんにて菊地真誕生日絵。メガネまこ。(8/29)

「ちんくる風味の本出汁」さんにてまこっさん誕生日マンガ。(8/29)
ダメだこのP達何とかしないと……(※ククリナイフをギラリと出しながら)

「ふりぼ。」さんにて真誕生日絵。青空と麦わら帽子。(8/29)
青空の麦わら帽子と云えば人間の証明。(マテヤ

「八点駅」さんにて真誕生日マンガ。シンデレ……ラ?(8/29)

「アズマ屋支店」さんにて菊地真誕生日絵。ダッシュ!!(8/29)

スポンサーサイト

8/29物欲残滓。

2010年08月29日 20:44

本日はマンガ成分をゴッチャリと。

100829-1.jpg

緋鍵龍彦「断裁分離のクライムエッジ」2巻
緋鍵龍彦「唐傘の才媛」1巻
緋鍵龍彦「唐傘の才媛」2巻

100829-3.jpg

明音「ぷちます!」2巻
CHOCO「イグナクロス零号駅01」
CHOCO「イグナクロス零号駅02」

「断裁分離のクライムエッジ」は前巻から引き続き買いなのですが、何やら新キャラ(と云う名の変態さん)達がゾロゾロと今迄の倍近く出て来て物語進行がかなり遅くなって個人的にはモヤモヤした気分に。私としては切×祝のイチャイチャ&フェチっぷりを楽しみたいだけなのに。そして今巻になって病院坂(妹)が可愛くなったのは妙に不安な布石だな、と感じたり。そしてカバー裏の舞台裏マンガに不覚にも笑ってしまった。何かのプレイか、ソレは。
「唐傘の才媛」は同じ緋鍵作品で気になっていたので一気買い&読み。善人なんか一人もいなくてそれぞれのエゴで殺そうとしたり殺されそうになったりするドタバタ館ものマンガ読む人を選びますが、緋鍵さんの可愛らしい画風がイイ感じにそのドロドロさを中和して個人的にはナカナカ面白かったり。出来ればこのマンガだけではなくて他の緋鍵作品にもゲストキャラに出て来たら面白いかもナァと妄想したり。
「ぷちます!」はアイマス者なのでもはや理由不要っつーか。
「イグナクロス零号駅」は懐かしくて買ってみたのですが……あれー?こんなに読みにくい説明不足な内容だったかな(汗)。私の頭が固くなったのか10年と云う歳月が風化させたのか。

8/28電画観測。

2010年08月28日 23:35

《ストライクウィッチーズ》

「Agaharis,HP」さんにてもっさん&ミーナ隊長。事後→結婚(脳内で)。(アニメ絵 SW No.174&175)

「涼彩マテリアル!」さんにてトゥルーデお姉ちゃん&エイラーニャ。(TOP 8/28)

《アイドルマスター》

「くされ日記」さんにてチハルー。(TOP 8/28)

《アマガミ》

「ラメのパンタロン」さんにて梨穂子&はるか&詞。(8/28)

8/25電画観測。

2010年08月25日 23:40

《アイドルマスター》

「低出力JET」さんにてアイマス2律っちゃん。トッポ食べる?(8/25)

「りよんとこ。」さんにて涼&夢子&武田。オールドホイッスル2nd。(8/25)

《ストライクウィッチーズ》

「SOYだらけ」さんにて第7話その後マンガ。ミーナさんェ…。(ブログ 8/24)

「スイミングラジオ」さんにてスク水ルッキーニ。(8/25)

《けいおん!》

「PLASTIC IMAGE」さんにてムギちゃんクーラー。(8/25)

8/23電画観測。

2010年08月23日 23:04

《アイドルマスター》

「SUGARLESS」さんにてスクーリッシュガール千早。クーリッシュ飲みながら。(8/23)
最近の私も朝飯もコレだったり。や、手っ取り早く高カロリー取れるから(苦笑

「ORANGE POP」さんにてセクシー小鳥さん。(8/22)
コレを壁紙にする根性はないわー。

「ふなぶろ」さんにて聖歌隊服な亜美真美。(8/23)

「GARAKUTA GARAGE」さんにて中学生・真美。(8/23)

「もしかして、あなただけかもしれません」さんにて裸割烹着な貴音さん。(8/22)

8/23物欲残滓。

2010年08月23日 21:43

100823-1.jpg

ONE OK ROCK「感情エフェクト」
ONE OK ROCK「Nicheシンドローム」
夢枕獏「キマイラ9 玄象変」

ONE OK ROCKのCD2枚は土日にとあるMAD映像で使われていて気になって、加えて「完全感覚Dreamer」のPVがナカナカ良かったので衝動買いしたり(笑)。



2枚のアルバムとも疾走感の気持ち良いロックばかりでかなりツボと云うか。ま、PVの曲が気に入ったのなら買っては損はない出来。個人的には邦楽系ロックより洋楽HR/HM系に近い感じの『匂い』が好き。
「キマイラ9」については8年ぶりの本編で、やっと舞台も現代に戻ってきた模様で。取り敢えず、今から貪るように読む(ぉ

8/22電画観測。

2010年08月23日 00:22

《アイドルマスター》

「ヒデボウハウス」さんにて残暑お見舞いアイマス2あずささん。(8/22)

「改良型にっけるめたる」さんにて千早&美希。格差社会。(8/22)

「K+Y=K」さんにて照れ千早。(8/22)

8/20電画観測。

2010年08月21日 00:15

《ストライクウィッチーズ》

「digital bs tuners」さんにて新ウィッチーズ。アドルフィーネ・ガランド(8/20)&ハンナ・ウィンド(8/18)
ガランドさんマジイイ女。

「Gacha!」さんにて第7話絵。ミーナ隊長ェ……。(8/20)
私も今夜視聴なので全裸正座して待機中(ぉ

《アイドルマスター》

「GRANADA LEVEL9」さんにて伊織絵色々。(8/20)

「こどもリベンジ」さんにてアイマス漫画「ちび春香さん」。(8/20)
どうみても夫婦です。本当に(以下略

「K+Y=K」さんにて暑さだらけ気味絵理。(8/20)

「混沌レディースタジオ」さんにてアイマス漫画。乙女で腐ってます。(8/20)

《色々》

「ダラリジェットシティ」さんにてpixivファンタジア絵&トトリ絵など。(8/20)
トトリちゃんマジ天使。

8/19電画観測。

2010年08月19日 23:22

《ストライクウィッチーズ》

「real」さんにて2期第6話エイラーニャ。(8/18)
もう10回以上6話を観ていますが、このシーンでいつも涙眼になるわ。

「SOYだらけ」さんにてエイラーニャ。二人でパピコ。(ブログ 8/17)

《アイドルマスター》

「SUGARLESS」さんにてコミケお疲れ涼夢。(8/19)

「AERO DOG」さんにて放水美希&律子。(8/19)

「じぇのばけ~き」さんにて夏コミお疲れ小鳥さん。(blog 8/18)

「市川天竜堂」さんにてアイマス漫画。響って……。(8/19)
そんな響を抱き締めて思いっ切りクンカクンカしたい。(ぉ

8/19物欲残滓。

2010年08月19日 23:20

お盆休みの間に買ったり読んだりした本とか。

100819-1.jpg

高木敦史「“菜々子さん”の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕」
上遠野浩平「ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉」
米澤穂信「遠まわりする雛」
東出祐一郎「ケモノガリ2」

「“菜々子さん”の戯曲」は期間限定で全文無料公開の時期に半分ぐらい読んで面白かったので。最近のありきたりのラノベとは違うチョット変化球気味の内容がグイグイ読ませてくれると云うか。ラストの情念はゾクゾクする。
「遠まわりする雛」は古典部シリーズ第4弾で短編集。前作「クドリャフカの順番」がかなり面白かったので「アレを越えられるかな?」と心配していたのですが、今回は前3作の合間を繋ぐ構成で古典部シリーズ全体に深みが増したと云うか、互いの想いが擦れ違いながら理解されていく過程は実に見事。次作も楽しみですわ。
「ケモノガリ2」についてはラスボスのアレっぷりに大爆笑。そして前作では片眼を失った楼樹が今度は片腕か片足でも失うのかとハラハラしてしまいましたが、何とか五体満足で生還したようで何より。いや、普通のラノベ主人公ならそんなコト無いのでしょうけど、こと作者の中の人を考えるとその内片腕にチェンソーやらマシンガンを仕込みそうだから。個人的には片手片足失って対戦車ライフル装備な旧劣等種な展開を望んだり(※誰がこのネタ解るンだ)

100819-3.jpg

霜月かよ子「Dの魔王」3巻
笠井スイ「ジゼル・アラン」1巻
天野こずえ「あまんちゅ!」3巻
荒川弘「鋼の錬金術師」26巻
藤田和日郎「月光条例」10巻

「Dの魔王」はどうやら原作の「ダブル・ジョーカー」のエピソードはやらずに完結。終盤はどうにも駆け足気味で打ち切りっぽい終わり方で少しモヤモヤしたり。やはり原作小説の方を読むべきか。
「ジゼル・アラン」は世間から遅れてやっと読んだのですが、ああ確かにコレは人気出そうだわ。森薫さんの作品と比べる人も多いですが、森薫さんが雰囲気重視な構成なのに対してコチラはかなりイキオイで読ませているような感じですね。私はコレを読み終わった瞬間「女王陛下のプティアンジェ」を思い出してしまいましたが。(ぉ
「あまんちゅ!」は3巻目にして「ARIA」時代の雰囲気に戻ってきたと云うか。個人的にヒットは二宮姉弟のラブレター騒動話の15話でしょうか。傍若無人な姐さんが年頃な恥じらいを魅せるギャップ萌えと云うか。
「月光条例」は何やらまたお話が迷走気味に(汗)。でもまぁ、放送部ヒロインこと藤木さんが再登場したので無問題。つか本当に可愛いナァ藤木さん。フツーっぽいのが更に良い。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。