スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/31電画観測。

2010年01月31日 23:20

《アイドルマスター》

「あるらんしぇん」さんにて貴音さん。フラワーガール。(TOP 1/31)

《咲-saki-》

「福屋」さんにてかじゅモモ。(1/30)

「真ジンガーB」さんにて幼女かじゅ。(1/31)

《DTB》

「Lunatic moonorbit Re-CODE」さんにてお風呂でドキドキ蘇芳。(1/30)

「おむに」さんにて銀。ふつくしい。(gallery 1/30)

《けいおん!》

「Jekyll and Hyde」さんにてさわ子先生誕生日絵。(1/31)

「アラ・テラ」さんにてさわ子先生誕生日絵。(1/31)

スポンサーサイト

1/29電画観測。

2010年01月29日 23:16

《咲-saki-》

「くちばしフェチ」さんにて新刊表紙絵&サンプル公開。(TOP)

「G.G.Z.G.」さんにて白糸台のお茶娘・渋谷尭深。(Diary 1/28)

「optimistic」さんにて炬燵でお鍋な鶴賀メンバーズ。(1/28)

《ラブプラス》

「monta tokita WEB」さんにて猫おしリンコ。カラーver。(BLOG 1/29)

1/29物欲残滓。

2010年01月29日 22:07

月末で色々ゴッソリと。

PS3初ソフト。

「アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く」 5,863円
「アルトネリコ3 hymmnos concert 【ヒュムノケース3同梱版】」 6,700円

西川さんはイイねぇ。

abingdon boys school「ABINGDON ROAD(初回生産限定盤)」 2,870円
BOOM BOOM SATELLITES「19972007(初回生産限定盤)」 3,116円
(以上AAリンク)

つーコトでコレだけの為にPS3を買ってしまった「アルトネリコ3」が遂に到着。
週末(土日)にプレイしまくる予定なので、更新が滞っても気にするな(ぉ
イメージアルバムはクリアしてから聴きたいので暫く封印状態に。
で、abingdon boys schoolはやっと新アルバムが出たのでしっかりと査収。収録曲の大半がアニメとかゲームの主題歌ってのはナンとゆーか(笑)。
BOOM BOOM SATELLITESはシングルとかは端聴きして気に入っていたのですが、一度キチンと纏めて聴いてみたかったので。ベスト盤っつーコトでハズレはないだろ、と。

そんな感じで今回の散財は18,549円也、と。

【2010年散財累計額】 27,074円

1/28電画観測。

2010年01月28日 22:56

《ストライクウィッチーズ》

「real」さんにてサーニャ・V・リトヴャク。はいてない。(1/27)
※ユニット的な意味で。

《アルトネリコ3》

「23.4ド」さんにてココナ。(1/28)

《アイドルマスター》

「BAMBOO HOUSE」さんにてやよい&まよちょん。(1/28)

「***」さんにてパンゴシ伊織ン。(1/27)

「disart.」さんにてアイマスパンまつり!(1/27)

《咲-saki-》

「Hinamado blog」さんにて薄墨初美。字一色。(1/28)

「麦畑」さんにて新刊表紙絵。池田&みはるん。(1/28)

《とある科学の超電磁砲》

「Agaharis,HP」さんにて美琴。(アニメ絵 レールガン No.4)

《東方》

「Eefy」さんにて洩矢諏訪子。(1/28)

「Points」さんにてチルノ他。ようせいげんき!(1/28)

1/27物欲残滓。

2010年01月27日 23:26

久しぶりの本ドカ買い。あー気持ちイイー。

文庫2冊。

伏見つかさ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5巻 578円
時雨沢恵一「お茶が運ばれてくるまでに A Book At Cafe」 557円

冲方さんはイイ仕事するナァ。

長野まゆみ「ことばのブリキ罐」 1,260円
冲方丁「天地明察」 1,890円
(以上AAリンク)

文庫やハードカバーなど積本がまた増加して、暫く色々と気になっている本を買うのを我慢していたのですが、遂にプッチンとキレて気が付いたら値段など見ずに前から気になっていた本数冊を手にレジに並んでいたとゆー(汗)。

「お茶が運ばれてくるまでに」は「キノ」シリーズで有名な時雨沢さんの一般向け新作。っつーても小説ではなくて『大人の絵本』って感じで十数分で読み終える薄い本で……それなら立ち読みでもイイかな、と思いますが黒星紅白さんの水彩イラストも可愛いのでつい買ってしまったり。個人的に好きなのは「かべ」の話と最後の「まほうつかい」の話でしょうか。暖かいのにグサッとクるとゆーか。
「ことばのブリキ罐」も小説と云うより長野初期作品に出て来た特有の単語やアイテムについての補足説明本で、まぁ完全にファン向けの本。
そして「天地明察」は冲方丁さんの初めての一般向けの時代小説。最初は文庫本落ちまで待とうかと思っていたのですが、読んだ方々の評価が剰りにも高いので我慢しきれなくて買ってしまった次第で。冒頭の触りだけを読んでみましたが、かなり面白そうです。しかし先月の頭に出たばかりなのに、もう第三版まで増刷されているのですなー。かなり売れていて嬉しい限り。

そんな感じで本日の散財は4,285円也。

【2010年散財累計額】 8,525円

1/26日々雑記。

2010年01月27日 02:36

Amazonから発送メールがドカドカと。週末にはどんだけ送られてくるのやら(汗笑)。

【芸能】ジョン・トラヴォルタ、自らジェット機を操縦してハイチに救援物資を輸送。(芸スポまとめブログ)
「トラボルタさんかっけーッ!!」としか云いようがない格好良さ。ダテにケツアゴじゃないな。

ジャック・ケッチャム原作『隣の家の少女』のチラシ。(ZOMBIE手帖ブログ)
チラシを読んだだけで陰鬱になれるってどんだけブラックなンだよ、この映画。
観たいけど、かなり気合い入れておかないと観終わった後で衝動的に自殺してしまいそうだ。(ぉ

エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ホームセンターの店内マイクで突然熱唱。(シネマトゥディ)
そんなコトより早くジョーと仲直りして下さい、タイラーさん。イイ歳なンだから。

【おもちゃ】「ここまでやるか!!?」としか言葉の出ないレゴ作りの品々たち。(仰天ニュース( ;゚Д゚))
私もレゴで遊んでいたから解るのですが、レゴって結構高いのですよねー。幼少時には大きなジオラマ作ろうとしてパーツが足りなくて、親にクリスマスや誕生日プレゼントで追加ブロックを数年掛けて買って貰ったりしていたし(苦笑)。

末期のセガ臭がプンプンするXbox360の新しいCMが誕生! その名も「Xbox特命課」。(はちま起稿)
こーゆーノリは大好きなンですがネェ。確かにそこはかとないセガ臭が(汗)。
もっとXbox360には頑張って貰いたく。取り敢えずあのデカいコントローラーをどうにかしてくれ。

1/27電画観測。

2010年01月27日 00:16

《アイドルマスター》

「こどもリベンジ」さんにてアイマスマンガ「おっぱいの話」。(1/26)
読んでいる私も胸が痛くなった(;つД`)

「Navy」さんにてTOVのシェリアコス涼ちん。(1/26)

「ブランコ紳士」さんにて新刊ひきこもり絵理本サンプル。(BLOG 1/25)
(;つД`)……絵理。

《咲-saki-》

「涼彩マテリアル!」さんにて新刊「テトラディオン」表紙&サンプル公開。(TOP 1/25)
ナンかモモの表情が肉食系(汗)。

1/24電画観測。

2010年01月25日 00:30

《アイドルマスター》

「じぇのばけ~き」さんにてペタン座り貴音。お尻。(blog 1/24)

《ひだまりスケッチ》

「すた~だすとくれいどる」さんにて新刊表紙絵ゆの&宮子。(にっき 1/24)

「呉風Web」さんにて乃莉&ヒロさん。(1/23~24)

《東方》

「Leaf Garden」さんにて立ってるゆかりん。(1/24)

「彼岸島」。

2010年01月24日 23:57

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/higanjima/

私自身、原作マンガ未読なので、そんな私が観て面白いのかなー、不安になりましたが思ったより楽しめたり。ただ、どうにも過去のホラー(アクション)映画で観たようなシーンが多く、話自体も今ひとつ入り込めなくて観終わってしまった物足りなさ感が。監督が私が楽しめた数少ない韓国映画「火山高」のキム・テギュンで少しは期待していたのにナァ。一緒に観た原作既読のツレ曰く「原作にほぼ忠実な内容で良く出来ている」とのコトらしく。

物語についてはナンか「バイオハザード」や「デビルメイクライ」系ホラーゲーム感覚をそのまま実写映画に持ち込んだモノっぽく、現実味が薄く、怖さも今ひとつ。敵の吸血鬼は日光や十字架も平気で咬まれてすぐ感染するってワケでなく血液を流し込まれたら吸血鬼になってしまうと云う設定で西洋の吸血鬼より東洋(アジア)の吸血鬼に近い感じですな。あと集団で襲うトコはゾンビっぽくもあり。
そんな敵がウヨウヨいる孤島と云う極限環境での人間の裏切りや信頼などを生々しく描くのかなと思っていたのですが、その辺の描写は薄っぺらくて終盤のレジスタンスを説得するトコなんかは青臭すぎて多少興醒めしてしまったり。
映像も過剰に血飛沫飛び散らしたり日本刀を無駄に格好付けて振り回したりして、一昔前だったらソレだけで「スタイリッシュ(笑)」とか云われて面白かったかもしれませんが、今更見せられても古臭さ感が出まくりっつーか。終盤の採石場での対峙とか巨大生物との戦いなんて、どこの東映ヒーロー物かと(苦笑)。
ぶっちゃけると、何もかもが一昔前すぎるンですよね。そーゆーお約束展開がイイって人もいるでしょうけど、似たような系統映画を大量に観ていると飽きてくると云いますか。

配役については主人公の宮本明役の石黒英雄さんは名前も良く知らなかったけど、どっかで観た事ある顔だなー、と思っていたのですが「仮面ライダー電王」のカイ役の人だと思い出してチト笑ったり。イヤ、電王の時の怪演が印象に残っていただけに。
個人的には主人公の明より兄・宮本篤役の渡辺大さんがナカナカ良い演技をしていて印象に残りましたな。刀を振り回すシーンも『型』がキッチリしていると云うか。で、調べてみたらこの人あの名優・渡辺謙さんの息子さんなンですな。ナンか納得。

原作マンガ好きなら観に行っても良いかもしれませンが、ホラーアクション映画として観るのなら十把一絡げのありがちな作品って感じでしょうか。終わり方も実にお約束だったし。


●総合評価 45点
しかし、この映画での最強武器は間違いなく丸太。何あの破壊力。

1/23電画観測。

2010年01月23日 23:55

《アイドルマスター》

「麻姫屋旅芸団」さんにて春香×千早。(1/23)

「GLOREA」さんにてラフタイムスクール伊織。でこちゅ。(TOP 1/23)

《ストライクウィッチーズ》

「Rocket square」さんにてミーナ隊長。(TOP 1/23)

《東方》

「Leaf Garden」さんにてしゃがみ紫。(1/22)



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。