スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近熱帯夜続きで。

2007年06月29日 02:46

睡眠時間がガリガリと削られております。
かと云ってクーラーつけたまま寝ると下痢か頭痛がするからナァ。

ナショナル・ランプーン、『300』のパロディ『301』を制作。
地響きがする――と思って戴きたい。
と思わず「どすこい」ナレーションなんか入れたりして。いや何となく。
しかしこーゆーパロディを作るの大好きだよなぁアチラの映画界。

宇多田ヒカルの新曲「Beautiful World」が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のテーマソングに決定!
6月30日より全国劇場で予告映像が流れるそうなので、近々劇場に行って確認してこようかと。ナンのカンのゆーてもやっぱエヴァ好きなんだな、自分(苦笑)。

「ShiBoo!」さんにて巫女服かがみ&つかさ絵。(6/28)

「Luna Phase」さんにてショートカットなニア絵。(6/28)

で、本日のアイマス系ニコ動画。

・IDOL COMBAT ZERO 6 Trailer

アイマス×エースコンバット・シリーズの最新作が遂にアップ。
つかコレはヒドイあずささんイジメ映像ですね。(※一応褒め言葉)

スポンサーサイト

怖くなって睡れなくなる。

2007年06月28日 02:34

いや、魚石庵さんで紹介されていた「稲川淳二の生き人形について」スレの映像や写真を観ていたら。マジで怖ええ~(涙眼)。

映画『トランスフォーマー』ビックサイトが巨大ロボに変形!?
まぁ、アレ自体変形しそうなデザインだしな(笑)。
つかどうせ変形するなら「ナースウィッチ小麦ちゃん」のビックサイトロンみたいなヤツを。バックでは串田アキラが主題歌を熱唱付で。

ピクサーが、冒険小説の古典「火星のプリンセス」を映画化。
当初のロバート・ロドリゲス監督からドコをどうやって紆余曲折二転三転してピクサーの手元に転がり込んだのかスッゲェ気になるンですが(苦笑)。

「怪奇大作戦 セカンドファイル」がいよいよ地上波放送。
7月8日、7月15日、7月22日のNHK総合で深夜とのコト。
しっかりと録画の準備をしておかなくてはー。

[水道]水質が大幅アップ…「ご当地水」販売相次ぐ。
取り敢えず、田丸浩史センセがその昔ネタにした日本一マズイと云われるH市の水道水を売り出してみては……いや、やっぱイイわ(汗)。私も大学時代に大阪にいましたがアソコの水はマジで煮沸消毒しなければ飲めなかったもんなぁ。

「こもれびのーと」さんにて霊夢絵。(6/27)
そして裏の「おこめゴコロ」さんにて「らき☆すた」のみゆきさん絵も。(6/27)

「十四羊交差点」さんにて輝夜絵。(6/26)

「ちげえねぇ」さんにて縞パンこなた絵。(6/27)

アイマスが水着(スク水)祭り中。

2007年06月27日 01:54

いや、いつの間にやら「アイマスカタログ第6号」が配信されおりまして、現在オンラインやアイマス系ニコ動画が水着(主にスク水)祭り状態に(汗笑)。
1200ゲイツも落とすヤツそんなにいるンかいなー?と思っていたのですが、予想外にいましたな。個人的にはグラビア水着の方が好きなんですがねー。可愛いの多いし。
あと水着になるとみんな揺れすぎ。千早ですら1.5倍増しで揺れているし(ぉ

硫黄島に星条旗を立てた元米兵死去。(情報元:赤兜さん)
「父親たちの星条旗」を観ているので「おお、あの人かー」と思い出せるのですが、まだご存命だったのにチト驚き。

ジェイムズ・ブラントの大ヒット曲、「最もイライラする曲」に選ばれる。
……うん、まぁ気持ちは解らんでもない(苦笑)。

オンラインゲーム「ディアブロ」、映画化か?
是非、ひたすら耳を切り取っていく映像連発で(何

「ぺんぎんのあしあと」さんにてあずささん誕生日祝いポストカード絵。(6/26)
取り敢えず、この後プレゼントと一緒に犬ッ子真も光の速さでお持ち帰りされると妄想(ぉ

「TESTAMENT」さんにて春香TOP絵。
最近ニコ動画の影響かどんなに純粋な笑顔をしていても腹黒閣下に見えて仕方ありません(汗)。

「zarzarana」さんにて巫女服ウサ耳かがみん絵。(6/26)

「竹馬園」さんにて萃香絵。(6/26)


では、本日のアイマス系ニコ動画ー。(※八奈見乗児な声で)

・BOA「DUVET」(「serial experiments lain」OP)

あのOPの再現度がスゴク高い作品ですなー。オチの映像にもクスリと笑ったり。
放送当時は結構ハマって見ていて、怖いけど目が離せない展開がなんつーか大好きなアニメでしたね、コレ。

・森口博子「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」(ガンダムF91主題歌)

待望のこの曲がきましたな(嬉)。つか今まで作られなかったのが不思議なぐらいで。本編や作画はアレでしたが、この主題歌は好きだったなー。映像のシンクロ率もナカナカ。つか森口=あずささんの公式が成り立っているような(苦笑)。

ナンか死ぬ程眠いので。

2007年06月25日 01:13

気になったニコ動画を少し紹介して寝るー。

・アイドルマスター×エースコンバット5 OP

「アイマス」と「エースコンバット5」のそれぞれの曲と唄声を入れ替えたネタ作品なのですが、全然違和感なさに驚き(汗)。つかこの2つを混ぜてみようと考えた事自体がスゲエとゆーか。
で、この音声ネタに動画を付けたのが↓

ナンかスゴク格好いいぞ、オイ。

・アイドルマスターの歌×他作品のサントラ。

上のネタと同じく色々な作品のサントラ音楽にアイマスの歌を混ぜた第2弾なのですが、1曲目はチト微妙ですが、2曲目と3曲目はあまりのシンクロッぷりに思いっ切り吹きましたがな。あー、コレも動画付で見てみたいかも。

「ダイ・ハード4.0」。

2007年06月24日 14:56

【公式サイト】http://movies.foxjapan.com/diehard4/

大体予告編観れば本編が解ってしまう出来。もーひたすら破壊破壊爆発爆発銃撃銃撃の嵐。
悪態を吐きながらも事件を解決するマクレーンの姿も相変わらずでしたわ。加えて年喰ったのか、若者に対して色々と説教したり励ましたりするトコもあってイイ親父っぷりも発揮。
そんな風に若者に尊敬されたり、仲間達に信頼されたりしているマクレーンさんですが、

「娘は?」
「助ける」
「悪党は?」
「殺す(即答)」

とゆー悪即斬っぷりは流石はお米の国の狩猟民族の血と申しましょうか(笑)。女ですら容赦しねぇし。顔面蹴飛ばしたり、車で跳ね飛ばすし。これも「男女平等」の精神か(←違います)。
破壊爆破シーンはかなりの迫力あり。つか自分がこれ当事者になったら絶対ヤだなぁってシーンがバンバン出ます。
個人的にはトンネルでいきなり照明を消されて対向車の群が衝突しまくるトコとか。アレはビビる。マジビビる。高架橋がドカドカ墜ちていくシーンも建設屋勤めなので心臓に悪いし(笑)。
ラストのF-35(アメリカの2008年配備の最新鋭機。ステルスで垂直離着陸STOVLもする馬鹿と冗談を掛け合わせたみたいな統合攻撃戦闘機)のシーンは如何にもCGっぽい感じがしますが、初めてF-35を大画面に出した映像なので個人的には必見。つか撃墜されるトコはかなりお間抜けですが(笑)。

そんな感じでアクションなどは実に面白い……つーか飽きさせない為にひたすら連発してもの凄く疲れますが(笑)、「1」とか「2」みたいに閉鎖された環境で奮戦したり、ラストの意外なドンデン返しが無いのが個人的にはスッゲェ不満だったり。
やっぱあの爽快感が無いと「ダイ・ハード」とは認めねぇ。
どちらかと言えば「トゥルー・ライズ2」とかだったら多少は納得出来たかも(笑)。
アクションと爆発とチョイ悪(ハゲ)オヤジを堪能したい方向けの映画ですな。


●総合評価 72点
合間に「アルマゲドン」とか髪の毛ネタを入れる自虐ッぷりはチョット泣けた(苦笑)。

「ゾディアック」。

2007年06月24日 14:42


【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/zodiac/

1969年にドライブ中のカップルが襲撃される事件を発端とする連続殺人の実話を描いた作品。メディアや暗号文を使った犯行予告は後の数多くの『劇場殺人』の模倣となった有名な事件なので、チョット検索すればこの手のサイトは山程みつかると思いますので事件の詳細は割愛。

予告編とかを観るとサイコサスペンス物を期待してしまうけど、これはそんなモノではなくて、幾つもの殺人と一人の犯人にそれぞれの視点で解明していこうとする「ゾディアック」に取り憑かれた男達の物語です。
前半は殺人シーンもあったりして少しドキドキさせられるけど、中盤からはひたすらゾディアックを追う男達のそれぞれの行動を淡々と描いていく。と、なると退屈なのかなー、と思うかもしれないけれど、コレが意外と集中出来るンですよ。この辺はやっぱデビット・フィンチャー監督の手腕なのかな、と。「セブン」みたいにインパクトの大きいシーンは少ないけれど、合間合間に入れる「おっ」と思わせるシーンはなかなか良かったですな。70年代を思わせる小ネタもイイ箸休めみたいな感じで(特に「スタートレック」とか「ダーティ・ハリー」とか)。あと編集部を歩いているシーンと暗号の映像が重なるトコは如何にもPV畑のフィンチャー節といいますか。

そして集められていくのは決定的な証拠ではなく、可能性を示唆する状況証拠だけ。それを元に最後に語られる『真相』が事実なのかどうかは観客へと委ねられます。ラストの『真犯人』と思われるリーを見詰めるグレイスミス(ジェイク・ギレンホール)の視線は何を語るのか。

この映画は観終わった後に酒でも飲みながらみんなとワイワイ推理してみたい作品かもだ。


●総合評価 75点
瞬発的な怖さやおぞましさはありませんが、ジワジワとクるモノがあり。
「ひぐらし」系が好きな方は結構ハマれる可能性があるかも。


ここ最近の更新停滞理由は。

2007年06月22日 23:27

仕事の忙しさもあるのですが、仕事が大体早くハケたとしてもツレ達と麻雀ばっかしているのも原因だったり。しかも0時直前まで。
で。そんな私の最近の麻雀戦績ですが、ほぼプラマイゼロ。
トップ取ったりトバされたり結構浮沈み激しいハズなのに、その日のゲーム終了集計すると『±0』に。最近読んでハマった小林立「咲―saki」の影響ってワケじゃないのに(苦笑)。つか一種の呪いか。
咲-Saki 1 (1) 咲-Saki 1 (1)
小林 立 (2006/12/25)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る

咲-Saki 2 (2) 咲-Saki 2 (2)
小林 立 (2007/05/25)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


朝日ソノラマ、9月に営業停止 「時代の流れに抗し切れず」。
公式でも店仕舞いの告知が。
ゲェーッ!!(※思わず横山光輝風驚愕ツラ)
中学生時代、『ライトノベル』っつー呼名が無かった頃から親しんだきたレーベルが無くなってしまうとは(涙)。菊池秀行センセや夢枕獏センセを知ったのもこの文庫があったからこそですし。
因みに一番最初に買ったソノラマ文庫は富野監督の小説版「機動戦士ガンダム」でしたよ、よりにもよって(汗)。セイラさんの扱いは当時はすっげぇ色々な意味でショックだったなぁ。
あと色々と(個人的)名作が多かったしなぁ。「風の名はアムネジア」とか「星のパイロット」とか「ベルゼルガ物語」とか(ぉ
取り敢えず、チョット昔のソノラマ作品読みたくなったのでブックオフで衝動買いしてこよう。多分一冊100円ぐらいだし。

「INFINTY DRIVE」さんにてもってかれた!せーらー服(下半身のみ)かがみん絵。(6/21)

「ならしのぱいれーつ・どっと・こむ!」さんにてDa服あずささんTOP絵。
何故に鈴鹿(笑)。

「pixel phantom」さんにて「トラスティベル」ビートきゅん絵。(日記 6/22)
ビートきゅんが嫁だと言われますか。ならば私はマーチたんを嫁に(※直後全国10万のマーチたん好きにフルボッコ)


で。相も変わらずのニコ動画紹介(主に「アイマス」&「おっさんホイホイ」で・笑)

・中村めいこ「ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット」(ダーティペアOP)

しょっぱなからコレかよ(苦笑)。
つかこのアニメは結構再放送されたから若い人でも観ている多いと思いたいけど。因みに私は言わなくてもリアルタイム派ですけど。
個人的には「サファリアイズ」(映画版)も観てみたいなー、などと。

・飯島真理「天使の絵の具」(劇場版マクロスED曲)

この曲を聴くと冒頭に早瀬未沙とクローディアの、

「結局、何だったのかしらあの歌」「……ただの、流行歌よ」

の名台詞が自動再生されてしまいませんか?(←アナタだけです)
「愛・おぼえていますか」でアイマスMADする人は多いのですが、個人的にはコッチの曲の方が好きなので、嬉しい限り。チョイとシンクロ率とかは低いけど。

で。「マクロス」繋がりでアイマスじゃない動画を。

・劇場版「マクロス」クライマックス・シーン。

私と同世代なら恐らく間違いなく観ているであろう、セル画アニメ屈指の名シーン。コレもう23年前なんですよねぇ。今観ても鳥肌モノですが。作画とか曲とシンクロした演出とか。コレを全部手描きしていたのだから、当時のスタッフの技術つーか執念が凄いわ。

ひたすら「ショパン」漬け。

2007年06月17日 22:04

もう各所でもハマっている報告があがっておりますが(苦笑)、私もシッカリと「トラスティベル~ショパンの夢~」をプレイ中でありまして。つーてもまだ第2章の序盤まで。
や、他にも色々とやっていたのですよ。溜めまくっていたビデオ(主に「電王」と「黒の契約者」)消化とか、ひたすら寝まくったりとか(ぉ
でも土曜の大半を寝て過ごしてしまったのには、我ながら愕然。土曜昼の15時に「軽く昼寝でもすっかー」と布団に潜り込んで目覚めたのが日曜11時って正直どうよ、と(汗笑)。しかも一度も目覚めた記憶がないし。お陰で何かスッゴク損した気分。映画にも行けなかったし。
そして「ショパン」を早めに片付けて「Bullet Butlers」に備えようと今日はガリガリとプレイしていたのに、今ネットで確認したら7/27に延期されているし。だーッッ!!(※卓袱台を蹴飛ばし)

……まぁ、のんびりプレイ出来る時間が出来たと思えば良いか。(※コソコソと卓袱台を戻し)

で。「ショパン」ですが、視点変更が出来なかったりダンジョンがキツかったり戦闘シーンでついついボタン連打するクセでポカミスやらかして危うく全滅の危機に何度も陥ったりと色々不満点がありますが(※前者二つは兎も角、最後のはテメエの所為です)、概ね楽しませております。特にフィールド画面の美しさはなんつーか癒されます。草原で風に舞い散る花弁とか視るとフィールド歩くのを忘れてついつい魅入ってしまったり。あと雨のシーンとかも。……そーいや昔「雨音はショパンの調べ」っつー曲があったなぁ、と(以下おっさんの回顧録話が続きますので割愛)。

そして「ショパン」プレイに疲れたり&食事時間は溜めていたビデオをひたすら消化していたのですが、「仮面ライダー電王」のデネブの過保護おかんっぷりに大爆笑。
「響鬼」での色々酷評された「桐矢」を演じた中村優一くんが出てくるって知っていたので正直「響鬼」の悪夢再びか!?と心配していたのですが、もうデネブのお陰でスッゲェ愉快なキャラになっているし。初めて観たよ、敵との戦闘中にキチンと正座するライダーって。悪ぶっていてもデネブの必死なフォローを更に笑わせる要素になっているし。

ついでに今週の「グレンラガン」も続けて視たのですが。
前半の水着祭&女同士の(一方的な)戦いにニヤニヤしまくりでしたわ。鼻血を出しながらポーズをキメる男達にも奇妙な連帯感感じたしな(苦笑)。
しかし、明日辺りは各グレン絵サイトで白水着&ショートカットなニア絵が出まくると予想。つか個人的に希望&妄想。実際可愛かったし。
あと話は変わりますが、「グレンラガン」って「ザブングル」と「イデオン」っぽいトコあるよなー、と思ったり。ほら、ダイグレンってアイアンギアーっぽいし。ラガンは発掘兵器で全方位攻撃(ドリルで)とかやっているし。
でも、そんなコトをツレに話すとイヤな表情されますが。まぁ気持ちは解らんでもない(苦笑)。

そんな感じで引き篭もりの休日を満喫したのでありました、と。

ウィル・スミス主演「I Am Legend」予告編公開。
「アイ,ロボット」に続いてSF名作「地球最後の男」をまたもやウィル・スミスが俺俺イズム満載でリメイクするらしく。まぁ、絶対ラストとかは改変しそうですけどねー(苦笑)。原作の『善悪の逆転』がある意味この物語のキモなのに。

デイヴィッド・リンチ、グッチの広告を監督。
しかも『香水』の広告ですか(汗)。「お洒落」という感覚とは程遠い感じがするのでどんな映像が出来るのか全く想像出来ねぇ。「ストレイト・ストーリー」っぽい落ち着いた雰囲気かもしくは「イレイザーヘッド」みたいな暗黒シュールっぽい感じなのか。まぁ、かなり低予算で作ってくれそうな感じはしますが(※リンチ作品は低予算だと良作、大予算だと駄作の傾向があり)。

「GEAR-Z」さんにて夏コミ新刊らき☆すたのかがみん本表紙絵。
最近のかがみん人気はなんかスゴイですな。ドコもカシコもかがみん。
そんな私はこなた&つかさとゆー少数派。

「こもれびのーと」さんにてらき☆すたのみゆきさん絵。(6/16)

「Hometown in the SKY」さんにてショートカットなニア絵。(6/17)

「TwilightLyric」さんにてニア絵(壁紙有り)。(6/15)

いよいよ。

2007年06月14日 01:01

トラスティベル~ショパンの夢~」の発売日ですな。
私の方も本日Amazonから発送メールが来ていたので、金曜には手元に届く予定。
このゲームは音楽の良さは勿論なのですが、今迄のRPGの10代の主人公と違って、39歳と云う私と大して変わらない年齢差の主人公で『魔法使い』(と書いて「どうてい」と読む)なショパンにもかなり思い入れが出来そうなのも良し(ぉ
ただなー、気になるのは実は未だ「ペルソナ3フェス」が終わっていないのとゆー事実。金曜の夜に一気にクリアするって手も……いや、無理。絶対無理。
あと、同時に頼んでいたはずの「デッドライジング(廉価版)」はまだ発送されていなかったり。まぁ、多分「ショパン」(と「ペルソナ3フェス」)だけで手一杯になると思うので丁度イイっちゃー丁度イイのですが。

話は変わりますがスティーヴン・ハンターの「極大射程」を今更ながら読み始め。数ページ立ち読みしただけでバッチリとハマってしまいましたよー。もっと早くに読んでおくべきだったかも。それから周囲から薦めまくられていた北方謙三「水滸伝」(文庫版)にも手を出してしまったり(苦笑)。

「SWAY WIND」さんにてパチュリー絵。(6/13)

「zarzarana」さんにてかがみ&つかさ絵。(6/13)

「Vanity Doll」さんにてスク水剥きこなた絵。(6/12)


そして今日も今日とてニコ動画ネタ。いや、ツボったのが多かったので。
相変わらず「アイマス」「おっさんホイホイ」ネタ中心で(笑)。

・律子&雪歩「STEP」。

何げにシンクロ率も高くって良いMAD。
しかしもう「魔神英雄伝ワタル」ですらおっさんネタなのか(汗)。

・律子「がんばって」。

うわ、まさか「ネクストキング」ネタとは。しかしこれももう10年前のゲームなんですよねぇ。でも今プレイしても「ネクストキング」は面白いと思うのですよ。多人数対戦なんかしたらヒロイン相手に完全に血を見る争いになったりするトコなんか。

・「IDOL COMBAT ZERO」OP。

あまりの格好良さに濡れた。つかナムコ繋がりでこんな格好いいMADが作れるとはナァ。職人恐るべし。字幕(特に人物紹介)の部分も実に芸が細かい。щ(゚Д゚щ) カモオオオォォォーン!!(何


各所で「300」の感想があがっていますが。

2007年06月12日 02:16

概ね好意的な感想で嬉しい限り。
そしてそんな感想を読んでいるとついついまた観たくなってしまったり。週末はまた映画館へ行くので時間があれば観るかなぁ。

「鴉 -KARAS-」が2年ぶりに再始動。
イイイィィヤヤヤァァッハァァ!!!!(※と、叫んでステージダイブ。誰も受け止めなくてそのまま地面に車田風顔面激突)
いやね、もう半分諦めていたのですよ。萌え系ばかりの世間の流行とはチョット違う方向に走っているけどスッゲェ良い作品なのに。
取り敢えず8月から連続リリースなのでしっかりと資金を用意しなくては。

タランティーノが来た!『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』会見にマスコミ殺到!
つーコトで休む事を知らない三池崇史監督の最新作「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の紹介記事なんですが。
なんつーかゲームでは個人的期待作「続・殺戮のジャンゴ」が出たりしますし、これからはマカロニ・ウェスタンが流行るのですかねぇ? サム・ペキンパーみたいに血飛沫ブシャーってな感じで。いや、個人的にはソレはソレで嬉しいけど。

クリスチャン・ベイル、真夏の『バットマン』続編撮影に不安。
えー、まぁ世間にはゴムフェチとゆー趣味の方もおりましていっそのコトその道に目覚めてみry(※世界中のクリスチャン・ベイルファンにフルボッコされました)

「Hometown in the SKY」さんにて青空の中のニア絵。(6/11)

「ジンガイマキョウ」さんにて「きみある」使用人ズTOP絵。
手前のヒロイン達より背後の筋肉に視線が逝く私は(以下略)。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。