スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜が満開。

2007年03月31日 20:16

福岡では今週辺りが見頃ですかな。私も近所にあんまし人が来ないけど結構見応えある桜があるので、明日辺りビール片手に行く予定。

……と、思ったら明日は雨だとーッッ!(涙)

NitroPlus 虚淵玄最新作『Tre donne crudeli』 予告ムービー公開!!
つーコトで4年ぶり(だっけ?)の虚淵ゲーム作品が(他のジャンルでは色々と出てましたが)、登場ですよ。予告ムービーも観てみたのですよ。
……あれ? ナンか違和感が??
ああ、そうか、貧乳キャラがいないンだ。(ぉ
いますよね、貧乳娘。いるんでしょー、またまたまた~。
お願いだからいると言ええええええッッ!!(※『バールのようなもの』でゾンビを撲殺しながら)

300人のマッチョ男が裸にパンツ1枚、赤マント!なぜ、かっこいい?
6月9日に公開が決定した「300〈スリーハンドレッド〉」の話題ですが。
この格好良さが解らないとは……フッ。(※ヤレヤレな表情で鼻で笑い。全裸で)

コーヒー1杯で「宿泊」 「マック難民」が急増。
24時間営業の弊害がこんなトコに(汗)。
私も仕事の決算前でよく残業食買いに近くのマクドに行くのですが、チラホラ見ます。労働者風な人もいましたが、高校生っぽい子もいたし。個人的にはなんつーか憐れみの眼でしか見れなかったり。何の技能もなくて歳だけ取って、こんなトコでしか寝れないってのはネェ。今でもやり直せるのに。私はせめて畳の上で眠りたい。

「FLIPFLOPs ONLINE」さんにて世界樹の迷宮漫画「ブシドーちゃん全滅記」第1話公開。
ブシ子さんの剰りの不憫っぷりに全米が泣いた。
正直ブシ子さんはかなり趣味のキャラですよねー。『愛』がないと育てられないっつーか。
いや、実はまだ作れてないのですが(※まだ第二階層の手前。爪熊に苦戦中)。1週間近くDSに触れていないし。うぎぎ。

「STEALTH BROS.eX」さんにて「トリガーハート エグゼリカ」リカ&クル絵。(3/30)

スポンサーサイト

ナンか観たい映画が少ない。

2007年03月29日 00:53

3月末~4月上旬からはあんまし観たい映画が公開されなかったり。大人しくレンタルDVDで見逃していた映画をチェックしてみますかなー。結構見逃しているのあるし。

4/14公開ドニー・イェン&ニコラス・ツェー主演「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」公式HP。
原作は中国では有名な格闘漫画らしいのですが。いや、もうなんつーか。

ナレーション(千葉繁)が絶叫な予告編(※Trailer)とか、
どんな基準で選んだのかワケわかんねえ絶賛コメント(※Option)とか、
プレイするとモリモリと気力が削り取られるゲーム(※Game)とか、

実 に 素 晴 ら し い 。
つか二次元キャラさいとう・たかを先生を並べて出すトコ自体カチコミ過ぎだ宣伝スタッフ。
しかし、キャストとか見てみるとドニー兄貴とかツェー様も出ているし、音楽は川井憲次で結構自分的には好きな布陣。丁度行き付けの映画館でもやるみたいなので観に行こうかと(苦笑)。面白いバカアクション映画だとイイなぁ。

あと同じ日に「サンシャイン 2057」もやるので、コレも観る予定。(ぇ
予告編を観る限り、こちらもナカナカ面白そうです、間違った方向で。
しかし、真田広之がこーゆーSF系の映画に出ているのを観ると、ついつい「宇宙からのメッセージ」を思い出す自分はどーしたモノか(笑)。

ジャウマ・バラゲロ監督最新ホラー「REC」予告編。
予告編終盤の女の子が出てくる辺りがスッゲェ怖えええッッ!(涙)

仮面ライダー響鬼について今だから語れる『仮面ライダー響鬼(ヒビキ)の事情』発売情報!特撮ヒーロー大作戦!さん)
>マニアも知らない特撮ヒーロー誕生までのリアルな舞台裏。
>元制作スタッフが初めて明かす「響鬼」をとりまく意外な真相。

等が書かれるらしいのですが、やはり「あの」29話以降の話が出てくるのですかねぇ。個人的にはスゴク興味があるのでAmazonに出てきたらしっかりと予約しておこうかと。

「GRANADA LEVEL9」さんにて1歳差なのに凹凸が激しい美希&やよい絵。(3/28)

「5年目の放課後」さんにてバスタオル一枚な伊織様絵。(3/27)

「人にやさしいWeb」さんにておっぱい挟み永琳さん絵。(3/28)
つくづくYUさんの描く永琳のおっぱい絵は エ ロ い な 。

植木等さんのご冥福をお祈りします。

2007年03月28日 02:12

クレージーキャッツの植木等さん死去。
80歳とのコトでやはり天下のスーダラ無責任男も寿命には勝てなかったと少し寂しい気分に。
自分は「シャボン玉ホリデー」とかはキチンと観てなくて(つか生まれてもいない・汗)、植木等さんの存在を識ったのって実は火浦功センセの小説からだったりするンですよねー(苦笑)。その後ハマって「無責任」シリーズとかもビデオで観たりしたし。
何はともあれ、偉大なコメディアンでありシンガーであり俳優でもあった植木等さんのご冥福をお祈りしたいと思います。どうか安らかに。
あとどっかの民放は深夜枠でもイイから特番やってくれ。久しぶりにあのC調ギャグが観たくて仕方がない。

ゾンビ映画「28日後…」の続編「28 Weeks Later」予告編。(ファイル直リンクはコチラ
なんつーかスゲエ勢いで走っておりますがな、ゾンビの皆さん(汗)。まぁリメイク版の「ドーン・オブ・ザ・デッド」で慣れてはいますが、やっぱ疾走するコイツらには勝てる気が全くしねえ。
あと、映像終盤の車を押す兵士さんのウインクに不覚にも泣きそうに。自分が絶望的な状況なのに子供達を心配させまいと痩せ我慢する大人の姿って妙に格好いいよなー。

ヘップバーン、モンローを映し出した写真誌「ライフ」が廃刊へ!
コレもやはり時代の流れなのですかねぇ。最近のネットの普及による雑誌界の低迷を顕著に映し出しているといいますか。情報の速さとかは全然勝てないしなぁ。そして私もここ数ヶ月、雑誌なんて買ってないのに気が付いたり(汗)。

「SWAY WIND」さんにて東方アレンジCD「Scarlet Destiny」ジャケ絵。(3/27)
やはりレミリア様には紅い月が佳く似合う。

「ごましお」さんにてWA2のリルカ絵。(3/25)
WAシリーズは結構好きなのですが、実はどれも途中で止まってEDまで行ってなかったり(死

「ならしのぱいれーつ・どっと・こむっ!」さんにてチャイナ服な美希&真ラフ絵。(Diary 3/27)
色の付いた完成絵を想像するだけで色々と海綿体が(以下略)。しかし二人がチャイナ服を着ると実に健康的なお色気でムッフゥ(※鼻息ブホー)。

「チキチキTurboR」さんにて「レッツゴー! 陰陽師」絵。(3/27)
ヤベエッ、普通に格好良く見えてしまう!!(笑)

ちとマラソンへ。

2007年03月25日 02:07

5キロほど走ってゲロ吐いてきます(ぉ
いや、その場の勢いで地方のマラソン大会に出る事になっちゃって。取り敢えず死なない程度に頑張ってこようかと。
つーコトで今夜は「世界樹」もお休みして、早めに寝て体調整えないと。
あ、因みに「世界樹」は虎を倒して第二階層へ突入しました。

「スパイダーマン3」最終予告編、遂にヴェノムが登場!!
(下の「SEE THE EXCLUSIVE FINAL TRAILER」をクリック)
全然情報が出なくて「もしかしてラストにチラッと出るだけとかじゃあ……」と心配していたヴェノムの動いている姿が遂に……つーか、意外なヤツがヴェノムで少し驚きですなー。さて、あと1ヶ月と少し。楽しみ楽しみ。

「ならしのぱいれーつ・どっと・こむっ!」さんにてブルマー真TOP絵。

「GRANADA LEVEL9」さんにて「みりきビーム!」な伊織様絵。(3/24)

「ぺんぎんのあとあと」さんにて誕生日おめでとーな、やおいお(やよい&伊織)絵。(3/25)

「Psycho Steak」さんにてレミリア様の色々三形態絵。(3/23)
ああッ、咲夜さんが血反吐の海に沈んでるー!!(※オマエもな)

「よりみち」さんにてアホ倉さんマンガ(ハルヒ)とホロロレマンガ(狼と香辛料)の続き更新。(3/24)
服を脱ぎ脱ぎする朝倉さんより、何も言わないで頬染めているホロに興奮する私はどうすれば。

カマキリに三度もヌッ殺される。

2007年03月23日 02:00

どうも「逃げる」って行為がキライな私なのでB3Fでは無謀にもカマキリに突貫して、殺されまくっております。一度はあと一歩まで追い詰めたのにナァ。
と、いきなり「世界樹の迷宮」話で始まる辺り完全に毒されていますな(汗)。

つーコトで軽く更新をば。

ロシア・ダークファンタジー第2章「Day Watch(デイ・ウォッチ)」予告編。
今回も予告映像を観る限り、かなり映像的にも凝っていて「面白そうだなー」とは感じさせるのですが、前作「ナイト・ウォッチ」がアレだったからなぁ……(汗)。正直観に行こうかどうか微妙なトコです。つか日本公開はコケたみたいだから、ビデオスルーの可能性もあるのか?

「空の境界」公式リニューアル&全7部作公開との情報が。
各所でも話題になっていますが、7部作全部劇場でやるンですかねぇ。
多分、7部作分で大きな一枚絵になる特典付き前売り券が出るのに100ペソ。
それからトップ絵の橙子さんがエラク可愛く見えるのですが。……いかんなぁ、疲れているな(※数秒後、背後から撲殺音)。

ラッセル・クロウ、シャーロック・ホームズ役に決定!?
前回日記の話題の続きなのですが、まだ噂の域ですが実現すると実にグラディエーターなホームズになりそうな。ローマ皇帝より強ええぞー(ぉ

「SWAY WIND」さんにて輝夜&永琳ジャケット絵。(3/22)
久々のカラー絵で相変わらずの眩しい色遣いにほへー、と。

「ニリツハイハン」さんにてはしたない格好のヘッドフォン装着エヴァさん。(3/21)

「備前式ロロップ」さんにて10秒のタッチコミュで50揉みされるアイマス亜美絵。(3/22)
あまり揉みすぎると大きくなる可能性があるので、私は撫でる方が(イヤマテ)。

「世界樹」はじめました。

2007年03月21日 15:42

世界樹の迷宮(特典無し) 世界樹の迷宮(特典無し)
Nintendo DS (2007/01/18)
アトラス
この商品の詳細を見る


いや、やっとこさDSLite本体を手に入れまして。勿論ちゃんと定価で。
で、各所で話題の「世界樹の迷宮」を初めてみたのですが、確かにこのゲームは人を堕落させる麻薬のようなゲームだわ。いや、ホンマ今日が祝日で良かった。
お風呂前にチョコッと触りだけやろうかなー、と思ったらいつの間にか午前2時までやっていたし。各所でも云われていますがWizardry好きでスティーブ・ジャクソンのゲームブックが青春だった人はプレイするのが義務だろ、と(笑)。
惜しむらくはゲームそのものはドコでも買えるのですが、DS本体の品薄の為にプレイ出来ない人が多くいるのが実に残念っつーか、エエ加減転売屋死ねよ。
何はともあれ、暫く「世界樹」の世界にドップリ浸かりたいので更新はテキトーになるやも。解って下さい(土下座)。

あとエースコンバット06のXbox360独占のニュースは嬉しい限り。


5/25全世界公開「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」予告編が解禁!
本日10時から3月25日まで5日間限定公開なので観たい方はお早めに。
あと字幕が必要ないなら、YouTubeかコチラあたりでも。
予告編を観るに「デッドマンズ・チェスト」では怪物デイヴィ・ジョーンズ船長vsスパロウ船長の海賊同士の喧嘩が、世界中の海賊vs東インド会社の戦争っつー展開らしく。最終章に相応しい面白さであるコトを祈りたく。や、正直「全世界同時公開」の作品ってどーにも個人的に微妙なのばっかキているから(苦笑)。

ワーナー・ブラザースが「シャーロック・ホームズ」のコミックを映画化。
コミック版を基とする内容らしいのですが……なんか、スッゲェ濃いアメコミ顔で大暴れするホームズっつー絵ヅラしか想像出来ないンですが(汗)。

「Leaf Garden」さんにて秘封倶楽部の蓮子絵。(3/20)
ウサ耳蓮子……でしたらメリーはネコ耳で(何

「油屋」さんにてブルマー装備やよい絵。(3/20)

そいや、もう各所ではブルマー装備画像が色々と出ているのですが、今回はキャラ毎に着方が変わっていたりして、細かいトコに気配っているなぁ(苦笑)と。しかし伊織様の黒のオーバーニー装備は正直やりすぎだろ。


今更、「まなびストレート!!」を視聴。

2007年03月20日 01:11

いや、録画はしていたのだけど随分と溜め込んで、やっと観たワケですよ。

9~10話辺りで、もーボロ泣き。(修正しました。指摘下さった方、感謝)

あー、こーゆーの弱いンですよねぇ。加えて昔学園祭の準備で友達とワイワイと夜遅くまで楽しく過ごした青春の1ページなんかを想い出したりなんかもして。あんな風に一生懸命になれたコトって意外とまだ憶えていたりするモンなんですな。(※しみじみと遠い眼)


ファミ通.comにて「ペルソナ3フェス」のスペシャル企画公開。
早速PVを鑑賞したのですが……うわ、マジやべえ。またペルソナ3熱が再燃しそうですわッッ。
チラッと出てきますが、美鶴先輩やゆかりっちがメイド服をッ!
トドメにアイギスがメイド服をッッ!!!(口からダバダバと喀血)
正直、ハイレグアーマー以上に衝撃的だったり。
加えてエリザベスさんが色々とお茶目している姿もなんつーかあの極悪な強さとのギャップで実に萌えるモノが。
私自身「フェス」は買ったら先に後日談シナリオやろうとか思っていたのですが、こんな追加要素を見せられたら最初からプレイしてしまうかも。恐らく今度は200時間ぐらいかけて(ぇ

ペルソナ3フェス(アペンドディスク版) ペルソナ3フェス(アペンドディスク版)
PlayStation2 (2007/04/19)
アトラス
この商品の詳細を見る


あと、「フェス」の発売日でチョット陰に隠れていますが(苦笑)、アレンジアルバムの「バーン・マイ・ドレッド」も実は個人的には楽しみにしていたりするんですよね。本編で流れた名曲のアレンジもですが、OP曲の「Burn My Dread」のフルコーラスverが入っているのも見逃せなかったり。
私は勿論、両方とも予約してますが。

バーン・マイ・ドレッド -「ペルソナ3」輪廻転生- バーン・マイ・ドレッド -「ペルソナ3」輪廻転生-
ゲーム・ミュージック (2007/04/18)
アニプレックス
この商品の詳細を見る


つーコトで今日の日記ははペルソナ3の話題だけで終わりー、と。
……いや、「まなび」を一気観して時間が全然無くなってしまったし(苦笑)。

流石に映画3本も観ると。

2007年03月18日 22:27

眼が死にます。一眠りしたのですが、未だに腰&背骨が痛てえー。
映画の詳しい感想は下の方にでも。で、コチラの更新は少しおざなりに。(ぉ

セガ、カプコン…「Xboxシフト」に。
個人的には「よっしゃッ!!」って感じだったりします(笑)。
いや、実際今のソニーの殿様商売状態を見るとねぇ。一部の経済誌(職場で読んだりしているのですが)とかでは、まだ『ソニーの天下』とか言われていますが、余程デカイ改革でもしない限りは……ねぇ、と思ったり。個人的には新しく出る新型PSPが大きなターニングポイントになりそうな。今の市場はTVに繋ぐゲームより携帯型に向いていますし。何はともあれ360箱もこれでドンドン活性化してくれれば嬉しい限りなのですが。

黒星紅白センセイも遂に伊織様(アイマス)の洗礼が……ッッ!!(GRANADA LEVEL9 日記3/18)
おお、おお、ブラヴォーッッ!
しかし、巡回するサイトさんが伊織かやよいに二分するのは一体どーゆー現象か。(解答:アナタの巡回サイトがロリ系か貧乳系なダケです)

「5年目の放課後」さんにてハイ・ターッチやよい絵。(3/17)

「ハルモニア*」さんにて猫耳メイド古泉くん絵が。(日記 3/16)
……不覚にも萌えてしまった私を誰が責められるだろう(※すっげぇ遠い目で)。

「よりみち」さんにてアホ倉さんマンガ(ハルヒ)とホロロレマンガ(狼と香辛料)。(3/16)
何はなくともホロロレ(狼と香辛料)マンガのベタベタ甘っぷりにニヤケ笑いが止まりませんッッ!!。ついでに床に転がってローリングローリングローゴガッッ!←漆喰壁に激突)

「デジャヴ」。

2007年03月18日 22:00

【公式サイト】http://www.movies.co.jp/dejavu/

TVで流れている予告映像だとホラーかスリラー系サスペンスって感じがしますけど。まず最初に言っておきますがソレは完全に大間違いです(断言)。

中を開いてみたら、SF系サスペンスですな。しかも時間モノ。色々とツッコむとアラが出てきそうですけどナカナカ見応えはあったかと。
冒頭で色々な映像や布石を見せて、クライマックスで解明していくトコも時間モノのお約束的な構成ですが、それによって「未来は変えられたのか? それとも変えられなかったのか?」と緊張感を出すトコも良かった。トニー・スコット監督の観る人を選ぶフラッシュ・バックやアングルを素早く切り替える独特な撮り方もイイ方向に働いているとゆーか。
あとSFではあるのですが、その機械『タイム・ウィンドゥ』が決して万能ではないトコも面白い。色々な制限の中(4日と6時間前と云う時差、指定範囲外は映像化出来ない)で出来うる限りの捜査をするって設定をもうチョット生かせたらもっと面白くなったかも。「スパイゲーム」の時みたいに主人公が一度たりとも部屋に出れないとかね。
しかしながら、冒頭からフェリー大爆発したり、ハイウェイでの車をドッカンドッカン壊すカーチェイスやったり等の過剰なまでのド派手破壊シーンを観ると「ああ、実にブラッカイマー節だなぁ」と妙に感心したり。あと高速道路での二画面見ながらの走行は間違ってもやりたくねえ。つか絶対事故る。間違いなく(汗)。
ラストについては色々と憶測が出来そうですな。ダグ捜査官(デンゼル・ワシントン)が感じた既視感(デジャヴ)はどのように処理されたのか、最後のあの表情と台詞とか。

その辺の時間軸の解釈については語り始めると長くなりそうなので割愛っと(苦笑)。

「ナイト ミュージアム」。

2007年03月18日 21:29

【公式サイト】http://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

コレは意外にも面白かったです。実に嬉しい大誤算。
内容は完全にベタなファミリー映画。まぁ、あらすじとか見れば物語も3分で予想出来ちゃうような内容。個人的には昔の80~90年代のSFX満載ファミリー映画(「グレムリン」や「グーニーズ」とか)が戻ってきたような感じで、観ていても実に居心地が良い映画でした。

100分と(最近の映画では)短い時間の中でもテンポが良く話が繋がるし、意外なキャラのドンデン返しとか、チョット泣き要素もあったりして話の先が見えているだけに『観ている人を楽しませよう』と云う職人的な意気込みが感じられます。
最初は色々とお互い反目し合うベン・スティラー演じる新人夜警・ラリーと博物館の展示物達がドタバタを繰り広げますが、その中でロビン・ウィリアムズ演じるセオドア・ルーズベルト(※蝋人形)が「お互いを尊重して、理解し合う事が大切ではないのか」と優しく諭し、最後は協力して奮闘する姿はいかも多民族国家アメリカらしい展開。でも、やっぱ燃えるモノがあるいいますか。
お互いのコトを知ろうともしないで、争う姿を面白くバカバカしく描く手腕はナカナカ。個人的にはノドジロオマキザルのデクスターとの掛け合いは久しぶりに声出して笑ってしまいました。アンタらドコの猿回しかと(笑)。もしくは日光サル軍団。
そしてラストはとって付けたようなハッピーな終わり方。でもそれがイイ。Earth Wind & Fireの名曲「September」が流れた時は私もついついリズムをとってしまいましたが。いや、好きなんですよこの曲。あとこのシーンのラリーの最後のアクションはこの映画で一番のお気に入りのシーン。何気ないンだけどスゴク嬉しくなってしまう。

表面的なお気楽さを楽しむも良し、その背景にある色々な展示物の知識ネタを探して深く笑ってみるも良し、個人的にはオススメのファミリー映画です。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。