FC2ブログ

「時をかける少女」。

2006年07月23日 14:02

【公式サイト】http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

観て参りました。いやもう周囲の評価が良すぎるのでチョット捻くれ気味な感じで観に行ったのですよ「どんなシーンでも泣かないぞー」とか意固地になったりして。結果――、


ご め ん 、 ラ ス ト 泣 い た 。


序盤のドリフコントのような展開(特に何回も同じ事を繰り返すトコ)に笑って、中盤からの青春展開にムズムズして、最後には涙腺刺激されまくり。何とか2回までは堪えたけど、最後の時間跳躍のシーンで遂にポロリと涙が出て後は止めどなくダバダバー、と(苦笑)。
しかし最後はみんな万事解決して何事もなくまた三人楽しく過ごしてしまうか、と思っていたけど。ラストを敢えて『別れ』を再び描くトコに喝采。最初の突然な理不尽な別れと、最後の全てを知った上での希望ある別れ、その違いだけでこんなに物語がキレイに引き締まっています。
やはり切ない『別れ』のシーンが「時をかける少女」には似合いますな。みんな、あの夏を過ぎて大人になっていく。永遠のジュヴナイルと云うか。
あと映画板で書かれていましたけど、あのタイムゲージが遠目で見ると二人を結ぶ赤い糸に見えると云うトコロは「あー、成る程ねぇ」激しく肯いたり。そして魔女叔母さん(和子さん)の飾っている写真とラベンダーには原作を知っているとニヤリとしますな。

で、観終わった後サントラを買おうと思ったら見事に売り切れ。
一瞬クラウザーさん顔になりそうでした。タイムゲージをレイプせんばかりに。

いや、実に素晴らしいアニメ映画――と云うより青春映画でした。これは是非口コミで拡がっていって欲しいなぁ。あと、もう一回は観に行きたい。出来れば映像と音響設備が良い劇場で。DVDは例え1万円でも買っちゃうでしょう。

で。
ココから以下に書くのは観終わった後の私の妄想が爆発しまくって、ついカッとなって書いてしまった。あのエンディングの後日談SSなんかを。
一応、隠しておきますので、映画本編に特別な思い入れがある人や、「あのラストで十分だ!」と思っている人は読まない方が良いかもしれません。いや、マジで勢いで書いただけだから、本編との齟齬が目立ちまくりなので。

それでも良い方のみ「続きを読む」をクリックして下さいませ。
(あとルビタグを使っているのでキチンとした表示で読むにはIEが向いているかもしれません)
[「時をかける少女」。]の続きを読む
スポンサーサイト



目覚めたら昼の三時。(←挨拶)

2006年07月23日 01:12

そして大急ぎで「時をかける少女」を見てきまして。
いやー、スゲェ良かった。細田調を崩すことなく、かといって原作も崩すことなくある意味奇跡に近い出来ではなかったかと。
詳しい感想は近日中(つか明日ぐらい)にはあげますので。

「うたわれるものらじお」第三回放送。
相変わらずのバカップルぶりで面白れえ。そして水泳ネタでちと笑ったり。全裸で砂浜を駆けたり水着で電車に乗るハクオロさんを想像して悶絶(色々な意味で)。
《関連リンク》なぐ茶。さんにてうたわれラジオ風漫画。(7/20)

「TMNT(ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ)」予告編。(直リンクはコチラ
久しぶりに登場の亀忍者。見た感じ全編CGアニメっぽいですが、どんな出来になるのやら。しかしアメリカでは人気かもしれないけど日本でヒットするのかなぁ?(汗)

ヒュー・ジャックマン主演「The Fountain」予告編。(直リンクはコチラ
西暦1500年から2500年と実に1000年生き続ける宿命を架せられた男を描くファンタジー映画なんですが。ナンか最後辺り悟り開いちゃってマスよヒュー・ジャックマン(汗笑)。ただ個人的にはこんな長い時間を越えていく物語ってのは好きなので観に行きたいかも。

「こもれびのーと」さんにて紫様絵。(7/21)

「人にやさしいWeb」さんにてドレス姿アリス絵。(7/21)
「アリスは普段着ない服とか沢山もっていそう」というトコには同意ですな。あとお友達用のカップや食器を結構買っていて休日なんかはひたすら磨いているとか。(←ソレは「PAPUWA」のアラシヤマです)

「INFINITY DRIVE」さんにて夏コミ新刊摩央姉TOP絵。
相変わらずの爽やかなエロスっぷりです。しかしウサ耳長門さんは夏コミ以後とは。残念無念。京極さんの貧乳絵が見れるかと以下略。(←どうしてもエロスにしたいのですか、アナタは)

「GEAR-Z」さんにて水着ズレな祇条さん絵。
ブラアァァァァヴォォォォォオオゥゥっっ!!(喀血しながらスタンディングオベーション)
いや、こう「ほへっ?」した顔がタマリませぬなー。そしてその直後爆発赤面なんかしちゃたりなんかして。(※広川太一朗風に)



最近の記事